Mr.BIGからB’zまで。パット・トーピーの偉大なる人生とパーキンソン病

パット・トーピーは、知れば知るほどに偉大さを痛感させられるドラマーだよ!!

パット・トーピーのテクニックとキャリアは、人間性の素晴らしさがあってこそ培われたものだね!!

スーパーバンド「Mr. BIG」の創設メンバーとして、日本でもB’zと共演したことで有名な世界的ドラマー、パット・トーピー

2014年にパーキンソン病を発症してからもパットは「Never Give Up」の精神を貫き、2018年に他界するまで「Mr. BIGのドラマー」という大役を全うしました。

そこで今回は、パット・トーピーの人生を振り返り、彼の魅力についてお伝えしていきます。

数多くのスーパー・プレイヤーから認められたテクニックと「諦めめない心」。世界中のロックファンに感動を届けた、スーパー・ドラマーの人生を振り返ります。

パット・トーピーのプロフィール

Pat Torpey (MR.BIG) BACK TO BUDOKAN DrumSolo

パット・トーピーといえば、Mr. BIGでの活動ばかりが注目されがちです。しかし今回の記事ではパット・トーピーがMr. BIG以外でも大活躍している点にも注目し、魅力を紹介します。

スーパーバンド「Mr. BIG」のドラマー

前述のとおり、パット・トーピーはMr. BIGでの活動がきっかけで、世界的に有名なドラマーになりました。

Mr. BIGは1988年、「超絶ベーシスト」として名を上げたビリー・シーンが中心となり「光速ギタリスト」の異名を持つポール・ギルバート、シンガーソングライターのエリック・マーティンと結成したロック・グループです。

売れっ子セッション・ドラマーだったパット・トーピーもビリーから誘われ、メンバーに選ばれます。

Mr. BIGは結成時、各メンバーの輝かしいキャリアから「スーパーバンド」として騒がれました。

Mr.BIGでのパット・トーピーの活躍

Mr. BIGのメンバーもファンの期待に応え、超絶技巧の応酬を聴かせる曲からポップで親しみやすい曲まで、数々の名演を残します。

「高度なテクニックがあるからこそ、良い曲が作れる」と評価されたMr. BIGは、特に日本でカリスマ的な人気を獲得しています。

そんな中、パット・トーピーはMr. BIG以前の活動がセッション・ドラマー中心だったため、Mr. BIGの中では地味な役割に見られていました。

まさに「縁の下の力持ち」です。

しかし超絶ベーシストのビリー・シーンから選ばれたドラマーである、パットのテクニカルなプレイはライブで頭角を現し、「Mr. BIGはドラマーも、すごい!!」と知られるようになります。

Addicted To That RushColorado Bulldogでのベースとドラムの掛け合いは鳥肌ものです!

ドラムを始めるきっかけは、ポルカバンド!!

パット・トーピーがドラムに興味を持ち始めるきっかけはポルカバンドでした。

パットは7歳のときに見たポルカバンドのドラマーに憧れ、自身もドラマーを目指します。

庭で小枝を削って自作のドラムスティックを用意し、独学で練習していました。

そして、14歳のとき、パットは念願のドラムセットを手に入れます。

当時はレッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリックスの影響を受けながら、独学での練習を続けていたそうですよ。

Mr. BIG加入までの輝かしい経歴

高校卒業後は大学で建築について勉強していたパット・トーピーでしたが、所属していたバンドが忙しくなったことで大学を休み、ドラマーとしての活動を優先します。

Belinda Carlisle - Live (1986)

そして1985年、パット・トーピーはゴーゴーズのシンガーであるベリンダ・カーライルのバックバンドに応募し、オーディションを受けました。

なんとパットはオーディションの1曲目を演奏している途中で合格を言い渡されます。

1986年には、パット・トーピーは「マイ・シャローナ(1979年)」の大ヒットで知られるザ・ナックのレコーディングに参加。

The Knack - My Sharona (Subtítulos español)

実力を認められたパットは、Mr. BIG加入後もザ・ナックのドラマーを務めました。

1987年、ベリンダ・カーライルがリリースしたシングル「Heaven Is a Place on Earth」は全米1位を記録し、日本でもCMソングに採用されるほどの大ヒットとなりました。

Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth (Official Music Video)

 

「Heaven Is a Place on Earth」で聴かれるパット・トーピーのドラム演奏はMr. BIGと異なるイメージですが、「ボーカリストの唄声を最大限に引き出している」という点では、共通しています。

同年、当時デイヴィッド・リー・ロス・バンドのベーシストを務めていたビリー・シーンは新バンド結成に向け、動き出していました。

そこで同バンドのキーボードを担当していたブレット・ダグルは、ベリンダ・カーライルのバックバンドで一緒だったパット・トーピーをビリーに紹介します。

そして1988年、パット・トーピーはインペリテリのレコーディングに参加したのち、Mr. BIGのドラマーとして本格的な活動を始めて行くのでした。

パット・トーピーのドラムについて

Pat Torpey (MR.BIG) DrumSolo

世界最高レベルのミュージシャンから認められ、たくさんの共演を果たしてきたパット・トーピー。いわゆる「玄人受け」するパットのドラミングは、聴く人の音楽経験が豊かになるほど魅力が深まります。

世界最速のギタリストに肩を並べるドラム・テクニック

1980年代中盤からのハードロック界は「ギター戦国時代」とも呼ばれていました。

エディ・ヴァン・ヘイレンイングヴェイ・マルムスティーンの影響を受けた凄腕ギタリストたちが超絶速弾きテクニックを引っさげ、シーンに殴り込みをかけていたのです。

とりわけ人気、実力ともに「世界最高峰」と言われたギタリストの中には

  • ポール・ギルバート
  • リッチー・コッツェン
  • クリス・インペリテリ

がいます。

パット・トーピーは「世界最高峰のテクニカル・ギター・ヒーロー」の3人と共演していた、という実績も持っていました。
Impellitteri - Secret Lover

Mr. BIGがデビューする前の1988年、パット・トーピーはスピードメタルバンド「インペリテリ」のレコーディングに参加。

パットがレコーディングに参加したインペリテリのアルバム『Stand In Line』は話題作となり、クリス・インペリテリは「世界最速ギタリスト」の称号を手に入れました。

Wikipediaにスーパー・プレイのドラム譜が掲載!!

パット・トーピーを語る上で驚くべきところは、フリー百科事典「Wikipedia」でのパットに関する記述です。

Wikipediaに掲載されているドラマーは数多くいます。

しかしパット・トーピーほど、ドラムスタイルの特徴に関する情報が膨大かつ詳細なドラマーは、そういません。

Wikipediaに書いてある情報を見ていくと、いかにパット・トーピーが玄人好みの、ものすごいドラマーなのかという点に気づかされます。

コーラスも上手いドラマー

パット・トーピーはMr. BIG加入以前、所属バンドでドラムとリードボーカルを兼任していたこともあるほど、コーラスの上手いドラマーです。

ライブのドラムソロでは、バスドラムでダブルストロークを踏みながらビートルズの曲を唄いドラムを鳴らしまくる、といった超絶技巧で周囲を驚かせました。

amazon prime musicはPrime会員なら無料!お得に音楽を聴こう

amazon prime musicを使えば、200万曲以上を高音質&聴き放題!

Prime会員なら無料で利用できるので、一度お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

より音楽好き向けのサービスamazon music unlimitedもありますがprime会員でも有料(780円/月)です。特にこだわりが無ければ、prime会員になってamazon prime musicを無料で利用するのをオススメします!

ちなみに、prime会員の特典としては、

  • 配送料無料
  • お急ぎ便&日時指定無料
  • Primeビデオで映画やドラマが見放題
  • Prime Musicで音楽が聴き放題
  • Prime Readingで無料で本を読める
  • Primeラジオが聴ける
  • Kindleが4000円引きで買える
  • Kindle本が月1冊無料 

と、かなりお得!

音楽だけでなく、映画も電子書籍も見れたり、amazonでの買い物送料が無料にもなりますよ。

Amazon Prime Musicを30日間無料で使ってみる
 

上記ボタンクリック後、開いたページ先で「プライムを試す」ボタンを押して登録すれば30日間無料でPrime会員の特典全て利用できます!

また、下記記事で「Primeビデオで見れる音楽映画54作品」「amazon musicの使い方&スマホへの保存方法」も紹介していますので、登録後に色々お試しください!

逸話や伝説、小ネタなど

パット・トーピーの偉大なる経歴とスーパー・テクニックは、実に素晴らしいものです。ここからは実績とテクニックだけでない、パットの魅力的な人間性についてもご紹介します。

パット・トーピーは大の愛犬家!!

パット・トーピーは愛犬家としても知られています。

Mr. BIG加入前の独身時代も犬を飼っていて、オーディションやツアーの予定が入ったときには飼い犬を預かってくれる人を探していました。

 

WOWOWの追悼動画では、パットと愛犬の様子も収録されています。

日本との交流

Mr. BIGは本国アメリカ以上に、日本で高い評価を獲得してきたバンドです。

パット・トーピーは個人としても、日本から依頼された仕事をこなしていました。

2003年には日本のドラム専門誌「月刊リズム&ドラムマガジン」のコラムを3年間担当しています。

【歌詞付き】B’z ギリギリchop (Version 51)

パット・トーピーは1999年、ビリー・シーンとともにB’zのアルバム『Brotherhood』のレコーディングに参加

パットは「ギリギリchop (Version 51)」のみでの参加でしたが、尋常ではない手数と足数でファンを圧倒しました。

パーキンソン病との戦い

2014年、パット・トーピーは「パーキンソン病」と診断されます。

「パーキンソン病」は全身に力が入らなくなる、進行性の難病。当然、ドラマーにとって致命的な病気です。

しかしパットはパーキンソン病を発症したあとも、ドラム演奏を諦めませんでした。

2014年以降もMr. BIGは公演を続けます。

パット・トーピーはパーキンソン病に襲われながらも、自身の身体が動く範囲でドラムアレンジをし、ライブをこなしました。

Mr. BIGは通常の演奏が困難になったパットのため、サポート・ドラマーにマット・スターを迎えた「ツイン・ドラム編成」を採用します。

しかし2018年2月7日、パット・トーピーはパーキンソン病の合併症により他界。

享年64歳でした。

パット・トーピーは世界のロック史にたくさんの名演を遺してくれた、ロック界の伝説です。これからもパットのスーパープレイは聴き続けられ、語り継がれることでしょう。

最大の特技は「Never Give Up」

パット・トーピーは、Mr. BIGがデビューしてから「Never Give Up」を言い続けてきました。

Pat Torpey of MR.BIG at BUDOUKAN 2017

パットはどんな壁を目の前にしても「決してあきらめない」と言い続け、パットが他界した現在も、世界中のファンに勇気を与えています。

ボーカルを最大限に活かすドラム演奏から超絶ドラムソロまでこなしてきたパットですが、パットが最も得意としているものは「諦めない心」です。

まとめ

今回の記事では、パット・トーピーの偉大な人生を振り返りました。

そして繰り返しになりますが、パット・トーピーが遺した最大の功績は、ドラムのスーパー・テクニックではなく「Never Give Up(決してあきらめない)」という心を持ち続けたことではないでしょうか?

パット・トーピーのドラミングに魅了された我々は、これからもパットが教えてくれた「Never Give Up」の精神を持ち続けることでしょう。

今回の記事が少しでも、あなたの参考になりましたら、とてもうれしく思います。