【ドラム初心者向け】自宅でできるドラムの練習方法をまとめてみました

ドラム始めたいけど、やっぱり自宅で練習できないんだよね・・・?
そんなことないよ!工夫次第では、自宅でも十分練習できるよ!

  • ドラムを始めたいけど、ドラムセットを買えない
  • 住宅環境の都合上、電子ドラムも置くことができない

このようなことで悩んでいませんか?

騒音・振動問題、コスト面。他にも自宅でドラム練習となると様々な問題があるかと思います。

でも、安心してください。

自宅でできるドラム練習方法はたくさんあります

自宅にドラムセットを置いていないプロドラマーもいますから、環境だけで諦めるのは勿体無いですよ!




自宅でできるドラムの練習方法①ドラムパッド

自宅練習をするしないに関わらず、ドラムパッドは必須アイテムです!

疑問:ドラムパッドでの練習って意味あるの?

ドラムパッドでの練習は、プロが毎日やるほど意味ある練習です。

毎日のトレーニングとして、ライブ前のウォーミングアップとして・・・。

また、ドラムの神様バディ・リッチはドラムの練習をしなかったことで有名ですが、噂では自宅で「枕を叩いて練習していた」とも言われています。

【ジャズドラムの神様】バディ・リッチの凄さがわかるソロ動画&伝説を紹介!

バディ・リッチは1900年代初頭から終わりにかけて活躍したドラマーですから、質の良いドラムパッドなんて無かったでしょうし、自宅で練習するなんてナンセンスだったのかもしれません。

しかし、現代はどうでしょう?

数千円でプロが使っているドラムパッドを購入することができますし、レスポンスもほぼ本物に近いものばかりです。

ドラムパッドは、ドラマーの必須アイテム!

ドラムセット有無に関わらずドラムパッドはドラマーにとって必須アイテムです。

自宅で練習するならスティックと合わせて同時に購入すべきでしょう。

ちなみにスティックと教本合わせても5,000円で収まるように購入することだってできますよ!

【初心者】ドラムを独学で始めたい方必見!5000円あれば練習できるよ!

ドラムパッド&スティック&教本の3点が揃っていれば、独学で十分な自宅練習ができることでしょう。

また、

  • 他にどのようなドラムパッドがあるのか知りたい
  • 色々なドラムパッドを比較したい

という方は、人気のドラムパッド12選した記事がありますので、こちらを参考にしてみてください。

オススメ12選【最新版】ドラム練習パッド徹底比較しました!

もちろん値段が高いドラムパッドもありますが、その分自宅練習が質の高くなりますし、ドラムパッドは壊れにくくほぼ一生物なので「安物買いの銭失い」だけはしないでくださいね。

知り合いのプロドラマーは「レスポンスの違うドラムパッド」を複数持ち、練習内容によって使い分けていましたよ。

自宅練習でおすすめのドラムパッドは!?

もし、僕がドラムを今から始める&自宅にドラムセットを置けない環境なのであれば、こちらのドラムパッドをお勧めします!

Pearl -パールトレーニングパッド PT-12F-

こちらは、見ての通り3つの部分に別れたドラムパッド。

色が違うだけでなく、それぞれ異なる素材が使われており、叩いた時のレスポンスや音も違います。

そのため、

  • ブルーはハイハット
  • ブラックはスネア
  • グレーはシンバル

といったように、自宅にいながらドラムセットを想定した練習が可能になります。

心理学者ロバート・ソルソは「人間は直接見るより、想像している時の方が視覚野の活性度が高い」ことを唱えています。人間の脳って不思議ですよね。

ドラムパッドを使った自宅でできるドラム練習とは?

ドラムパッドでできる練習方法は、数え切れないほどあります。

ここでは、僕が今でも自宅練習でやり続けている2つの練習方法を紹介します。

1つ目は、基本のスティックワークを身につけるための練習方法です。

【ドラム】4つの基本/基礎ストロークは必ず練習して身につけよう!

実際かなり簡単な練習ですが、ナメてはいけません。

プロの演奏をナマで聞いた時「音が自分と全然違う」と思ったことありませんか?

それもそのはず、それはあなたのスティックワークに原因があります

4つのスティックワークを無意識に正確に叩けるようになれば、音の強弱やスティック移動がスムーズになり劇的にドラムスキルが向上します。

ぜひあなたも、自宅での練習に取り入れてみてください。

ドラム初心者がまず始めに覚える初歩的なことですが、意外とこれをしっかりとできているドラマーが少ないので、自宅練習でコッソリ差をつけちゃいましょう!

2つ目は、スティックのリバウンドを効率よく身につけるための練習方法です。

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れましょう!

ストーンキラーと言われる練習方法なのですが、シングルストロークを極めたいのなら絶対にやるべきです。

巷では「3ヶ月毎日練習すれば必ず上達する!」と言われるほど、評判の高い練習方法。

自宅と言わずどこでもできますが、初心者の人はテンポを落としてフォームに無理のないよう練習してくださいね。

この方法を教本などを使って色々な練習に応用しましょう。この2点を意識するだけでもかなり変わるはず。「この2つの練習方法では自分には物足りない!」と感じたら、中級編上級編の練習方法を見て、自分にできそうなものから始めてください。

自宅でできるドラム練習方法②道具ほぼ不要

騒音問題でそもそも自宅練習ができない!という方は、こちらの練習を取り入れてみましょう!

道具なんていらない!手足だけでできる練習方法

自宅でドラムパッドを叩くのもNG。もし、そのような住宅環境なら…。

スティックを使わない練習「4wayオルタネイト・トレーニング」をオススメします!

【MI JAPAN】スティック不要のドラム練習方法「4ウェイ・オルタネート・トレーニング」とは?【OPEN HOUSE】

実はドラムの自宅練習は、道具がなくてもOKなんですよ。

ちなみに、ドラム雑誌「ドラムマガジン」に掲載されていた練習方法なのですが四肢を独立することを目的としているため、かなり難しいです。

H.H.スプラッシュをする方、ツインペダルを使う方はもちろん、演奏の幅を広げたい方にもってこいの練習方法です。

パフォーマンス能力を高めるのも良いですよ

自宅練習となると、

  • 家族に気を使ってしまい疲れる
  • 思い切った練習ができない
  • 逆に集中しすぎて疲れてしまう

こんな悩みもあるかと思います。

そんなドラマーさんは、スティック回しスティックトリックの練習をしてみてはいかがでしょうか?

ドラムスティック回しが簡単にできる!練習動画3つ紹介
スティックトリックを使ってドラムパフォーマンスを向上させよう!

そこまで神経質にならなくて良いですが、スティックを落としても音が鳴らないようマットや布団の上で練習してくださいね。

スティックが床に落ちると、自宅内にかなり大きな音が響きますので…笑

僕はズボラな人間なので寝転びながら回す練習をしていました。自分の好きな曲を流して「ここで回してみよう!」と考えながら練習するのもオススメです。

重要:イメージを持って練習すること!

どの練習でも言えることですが、イメージを持って練習するようにしましょう。

これ一番重要なことです。

特にドラムパッドは、イメージを持たずに練習しないと全く効果がありません。

例えば、こんな話があります。

”プロ野球選手は闇雲に素振りをしない。ただ腕が太くなるだけだから”

プロ野球選手は、一回一回の素振りを自分がホームランやヒットを打つ時のイメージを鮮明に描いて、本番でも同様のパフォーマンスができるように真剣に取り組んでいるんだそうです。

部活でもダラダラと練習していた人意欲的に取り組んでいた人では、3年間でかなり実力差がありましたよ…。試合を想定するってシロウトでも大事なんだな…。

もちろんドラムはスポーツとは違いますが、やはりLIVEは1回きりなので、試合に挑む時と同様の緊張感があるもの。

  • ドラムパッドを叩くときは、ドラムセットを叩いているように
  • スティック回しをしているときは、ライブで自分がお客さんを沸かしているように

そんなイメージを持って、練習することをお勧めします。

自宅に電子ドラムなら置けると言う人にオススメの記事

最後になりますが、自宅練習をする上で「電子ドラム」を選択する方もいらっしゃるでしょう。

ドラム講座ではそんな方に向けた記事も揃えています!

ローランド・ヤマハ・aDrumで”おすすめ”は?電子ドラム徹底比較【Roland/YAMAHA/ATV】 【aDrums評判/レビュー】試打した感想は”生音感じる電子ドラム”【ATV】 【電子ドラムVSアコースティック】メリット・デメリットまとめました!

電子ドラムはゴムパッドメッシュヘッドかで消音性能が全く異なるので、場合によっては自宅に置くこともできる場合もあるでしょう。

スタジオの費用や交通費を考えれば、電子ドラムを置いてガッツリ練習した方が得ですもんね。

僕のオススメはaDrums!一度近くの楽器屋で試打してみてください!

まとめ:ドラムをやりたくなったら、すぐに始めてみよう!

この記事を読んでくださった方は「これからドラムを始めたい!」「ドラムを始めたばかりだけど自宅での練習方法が分からない!」といった方が大半だったと思います。

でも、今回の記事を読んで自宅でも十分なドラムの練習ができると思っていただけたのではないでしょうか?

  • ドラムセットがないと・・・。
  • 電子ドラムがないと・・・。

と悩んでいる方も、まずは、今回紹介した方法で自宅で練習し、時折音楽スタジオでドラムセットを叩くということから始めてみてはいかがでしょうか?

少しでも皆さんのドラムライフ向上に繋がっていれば幸いです。

何事もできない方法を探すより、できる方法を探した方が楽しいですからね!