下手なのは当たり前!ドラムの練習が好きになる5つのコツ

ドラムが下手でも良い!楽しんだもの勝ち!


また「ドラム下手」ってバカにされた…。チクショー!

自分のドラムに自信が持てなくて、ライブに出るのが怖いよ…。

皆さんも、こんな経験ありませんか?

ドラムを始めた当初、僕も似たような体験を何度もしました。

  • 不安や緊張
  • 誹謗中傷
  • ちょっとした被害妄想

こういった悩みは初心者ドラマーに多いと思いますが、何年もドラムをやっている人でも時々感じることだと思います。

でも、いつまでもネガティブな状態になっていてはいけません!

「もういいや」と投げやりになるのもいけません!


そこで今回は「ドラムの練習を好きになる5つのコツ」を紹介します。ドラムを続けてよかったと思えるように、この5つのコツが役立つことを祈っています。




ドラムの練習を好きになる5つのコツ


「失敗/挫折」は誰しも辛いものです。ですが「考え方」を変えれば、新たな視点が見えてきます。

コツ①周り/自分からの誹謗中傷をバネする!

「ドラム下手だね」と、平気で誹謗中傷してくる人がいます。

正直滅多にいませんが、このような人間は基本無視しておきましょう。

問題は、他人ではありません。

あなた自身が「自分のことを下手だ」と思い、ネガティブになるのが問題です。


あなたは自分に対するドラムの評価でネガティブな気持ちになることはありませんか?もし、そうであるなら今日から少しずつ考え方を変えていきましょう!

例えば….。

  • 自分が認めるドラマーになるには、どんな練習をすれば良いか?
  • なぜ下手と思ったんだろう?その部分を重点的に練習してみよう!

といった具合ですね。


「自分のドラムは下手だ…。」という考え方は、一見ネガティブなようですが、見方を変えれば自分を成長させるヒントが隠されているのです!

プロドラマーだってドラムを始めた頃は「下手」なのですから、誰でも「下手」であって当然です。

始めは難しいと思いますが「下手と思う気持ち」が成長材料に変わるよう、考え方を変えて、練習に打ち込むエネルギーを生み出すようにしましょう!

コツ②自分らしさを表現するのが「ドラム」

コピーバンドをやっているドラマーに多いのですが「100%丸々コピーしなければいけない」と決めつけてしまっている方がいます。

  • ここのフィルインはこう叩かないと…
  • ちょっとタイミングがおかしかったかな…?

など。

確かにこういった考え方も重要なのですが、考えすぎは黄色信号

なぜなら、自分のドラムスキルが上がれば上がるほど「気になる箇所」が増えてくるので、ゆくゆくはドラムが嫌いになってしまう可能性があるからです。


いくら練習量を増やしても、「なんか違うな…。」とイタチごっこになってしまうんですよね…。

そもそも「コピー人間」や「そっくりさん」になるためにドラムを始めた訳ではないはず。なので、例えコピーバンドであっても自分らしさを1%でも入れるようにしてください。
  • 自分らしい8ビートでビートを刻む
  • 曲中に得意のスティック回しを入れてみる
  • フィルインなどをアレンジしてみる

といったように、自分らしさを表現することも大切なのだと覚えておいてください。

コツ③なりたい自分の姿を想像する

「失敗する」ことを考えていたら、どんどんネガティブになってしまいます。

そんな時は、なりたい自分の姿を想像してみてください。

  • ライブで失敗したくないのなら「ライブで大成功している自分」を。
  • 下手と言われたくないのなら「上手く叩いている自分」を。

まずは妄想の中で成功している自分をイメージしましょう。

どうですか?ワクワクしてきませんか?

もっと上手くなりたい!と思いませんか?


怪しい宗教みたいですか?ですが、どんな業界であれプロなら全員やっていることですよ。

イメージが明確にできるようになれば「今自分がすべき練習」も見えるようになってきます。

また、「自分のなりたい姿」や「夢や目標」を持たずにただひたすら闇雲に練習していても何も得られないので、イメトレも重要ですよ!

コツ④小さな目標を達成したら自分を褒める

どんなことでも良いので、小さな成功でも褒めてあげることが大切です。

  • 今叩いた8ビートのスネア、気持ちよく叩けたな!
  • ライブでミスしたけど、1曲は自分の満足する演奏ができたぞ!

昨日の自分より少しでも進化していたら、それはもう成功に近づいているんです。


あなたが掲げた大きな夢からしたら「まだ自分なんて・・・」と思うかもしれませんが、「着実に成功に近づいている」のだと、自分自身に言い聞かせてあげましょう

コツ⑤「失敗は成功のもと」と言い聞かせる

プロだって失敗します。

ましてや、アマチュアの私たちはもっと失敗をします。

でも、プロや上手い人はミスした自分を否定したりしません。

「自分はダメなんだ」なんて絶対に思ったりしません。

そうではなく、今回して失敗をもとに「次失敗しないにはどうしたらいいか」を考え実行しましょう。

このサイクルをなんども回すことによって「失敗が成功に」繋がっていきます。

まとめ:「継続は力なり」練習すれば誰でも上手くなる!

決して、ほんの小さな失敗でドラムを辞めてしまわないでください。

ドラムを続けていれば、ドラムをやっていて良かったと思える日が必ずきます。

だからこそ練習を好きになってください。そして誰よりも努力してください。


「自分で掲げたルール」を作り「自分を裏切らない」という強い信念を持ちながら行動していけば、絶対に上達します。