下手でも良いじゃん!ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ

ドラムが下手でも良いじゃない!


またアイツに「ドラム下手」って言われた・・・。悔しい。

自分のドラムに自信が無くて、ライブに出るのが怖い・・・。

皆さんも、こんな経験ありませんか?

ドラムを始めた当初というものは、僕も似たような体験を何度もしました。

直接「下手だな」と言われることはなかったのですが、場の空気を必要以上に感じ取ってしまったり、ライブ直前になって出たくなくなったり・・・。

こういった悩みは初心者ドラマーに多いと思いますが、何年もドラムをやっている人でも時々感じることだと思います。

でも、いつまでもネガティブな状態になっていてはいけません!

「もういいや」と投げやりになるのもいけません!

そこで今回は「ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ」を紹介します。

ドラムを続けてよかったと思えるように、この5つのヒミツが役立つことを祈っています。

ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ

ヒミツ①周りからの誹謗中傷をバネする!

まずはここから始めましょう。

「ドラム下手だね」と言わたら、成長材料にしましょう。

つまり、悔しさをバネにしてください。

始めは難しいと思いますが、ここを乗り越えて欲しいのです。

なぜなら、プロドラマーだって「下手」と言われてきたからです。皆さんの周りにいる上手いドラマーも、みんな「下手」だったんです。

そのため、ドラムを少しかじった程度のあなたは「下手」であって当然なんですね。

ですので「下手」と言われてドラムを嫌いになるのではなく「いつかアイツより上手くなってやる!」というマインドや、練習に打ち込むエネルギー変えていきましょう!

ヒミツ②自分らしさを表現するのが”ドラム”

コピーバンドをやっているドラマーに多いのですが「このバンドのドラマーを100%丸々コピーしなければいけない」と決めつけてしまっています。

  • ここのフィルインはこう叩かないと
  • ちょっとタイミングがおかしかったかな

など。

確かに「誰かを目標にする」のはいいのですが、その目的が絶対になってはいけません

なぜなら、100%コピーするなんて不可能だからです。

そして、コピーすることにフォーカスしすぎると辛くなります。

自分のドラムスキルが上がれば上がるほど「ここも気になる」とイタチごっこ。ゆくゆくはドラムが嫌いになってしまうでしょう。

そうではなく、ドラムは”自分を表現するための楽器”です。

たとえコピーバンドであっても、自分らしさを1%でも入れる努力をしてください。

  • 自分らしい8ビートでビートを刻む
  • 曲中に得意のスティック回しを入れてみる

そして、その自分らしさを表現することが2%,3%と増えていけば、練習が楽しくなるのはもちろん、自信にも繋がっていきます。

ヒミツ③なりたい自分の姿を想像する

「失敗する」ことを考えていたら、どんどんネガティブになってしまいます。

そんな時は、ライブで脚光を浴びる自分を想像してみてください。

どうですか?ワクワクしてきませんか?

もっと上手くなりたい!と思いませんか?

怪しい宗教みたいですか?でもプロならみんなやっていることだと思いますよ。

  • ライブで失敗したくないのなら「ライブで大成功している自分」を。
  • 下手と言われたくないのなら「上手く叩いている自分」を。

まずは妄想の中で成功している自分をイメージしましょう。

「自分のなりたい姿」つまり「夢や目標」を持たずにただひたすら闇雲に練習していても、何も得られませんからね。

そして、イメージが明確にできるようになれば「今自分がすべき練習」も見えるようになってきます。

ヒミツ④小さな目標を達成したら自分を褒める

  • 今叩いた8ビートのスネア、気持ちよく叩けたな!
  • ライブでミスしたけど、1曲は自分の満足する演奏ができたぞ!

なんでもいいので、小さな成功でも褒めてあげることが大切です。

昨日の自分より少しでも進化していたら、それはもう成功に近づいているんですよ。

あなたが掲げた大きな夢からしたら「まだ自分なんて・・・」と思うかもしれませんが、「着実に成功に近づいている」のだと、自分自身に言い聞かせてあげましょう

ヒミツ⑤「失敗は成功のもと」と言い聞かせる

プロだってミスします。

ましてや、アマチュアの私たちはもっとミスをします。

でも、プロや上手い人はミスした自分を否定したりしません。「自分はダメなんだ」なんて絶対に思ったりしません。

そうではなく、今回して失敗をもとに「次失敗しないにはどうしたらいいか」を考え実行します。

考えるだけで止まってはいけません。

実行までする。そして自分なりの核を作っていく。

ここまでできてプロになれるのです。

このサイクルをして始めて「失敗が成功に繋がる」のです。

どうですか?

いますぐ練習したくなってきませんか!?!?

まとめ:「継続は力なり」練習すれば誰でも上手くなる!

決して、ほんの小さな失敗でドラムを辞めてしまわないでください。

ドラムを続けていれば、ドラムをやっていて良かったと思える日が必ずきます。

今は下手でも、プロドラマーになることだってできます。

だからこそ練習を好きになってください。そして誰よりも努力してください。

もし、またドラムの練習に行き詰まったら、もう一度このページに戻ってきてくださいね。

関連記事

ドラムの楽譜が読めるようになったら、声に出して読んでみよう!

思った場所を叩けてる?ドラムのスティックコントロールをUPさせるコツを紹介します

目指せ脱ビギナー!初心者ドラマーが知るべき5つの大切なこと

初心者ドラマーがスタジオ練習で絶対やってはいけない「5つ」のこと

ドラム練習の敵!肉刺(マメ・豆・まめ)の正しい対処方法【ドラマー悩み】

ドラムに挫折はつきもの!成長の実感がないなら基礎練習から見直そう