ドラムの表現大幅UP!ダブルストロークロールを練習しよう!

ダブルストロークロール叩けますか?


ダブルストロークロールができるとカッコいいけど…。何をやっているのか分からない….。

私も見様見真似でやってみたけど、初心者には無理なのかな…?

そんなことありません!

ダブルストロークロールは毎日練習すれば誰にでもできる奏法です。

今回は、参考になる動画を見ながら学んでみましょう。


そろそろ初心者を脱したいと思っている方は「ダブルストローク」は確実に習得するべきスキルなので、必ず練習しましょう!




”コツ”を掴めば誰でもできる奏法!


プロドラマーも初めからダブルストロークが叩けたなんて人はいません!ゆっくりじっくり学んでいきましょう。

初心者だからできない!という訳ではない!

皆さんは、「初心者ドラマーにはダブルストロークロールはまだ早い」と思っていませんか?

確かに基本のストロークができる前に習得しようとするのはお勧めできませんが、ある程度叩けるようになったら挑戦してみてもいいのかなと思います。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように失敗前提でどんどん練習していきましょう!


それでも「まだ自分には早いかな…。」「ドラムのスキルに不安がある…。」という方は下記の記事参考にしてみてください!

基本のストロークに不安のある方こちら

ダブルストローク以外のロール奏法をお探しの方こちら

基本は”2つ打ち”のイメージ

こちらはYoutubeドラムレッスンで有名な池脇さんの動画。非常に丁寧で分かりやすいので、参考になるかと思います。

コツとしては、”2つ打ち(RRLL or LLRR)”を徐々に早くしていき、かつRLの間の隙間を無くしていくイメージです。

メトロノームの練習に関しては後ほど紹介しますが、打つ前から準備するのは「基本的なストローク」ができていればできることですので、不安な方はこちらを参考にしてみてください。

ダブルストロークを身に着ける!オススメ練習方法


ダブルストロークに限らず、ドラムの練習はシンプル!試行回数を増やして、たくさん失敗してコツを掴んでいきましょう。

クリック練習は”やはり”必須!

やはり音楽の練習に置いて欠かせないのがクリック練習です。

そして、ダブルストロークの練習も、遅い速度から徐々に早くしてい「テンポアップ練習」をします。

目安としては、

  • 初心者はBPM=70~
  • 少し自信のある人はBPM=80~

ただ叩いて終わりにするのではなく、ダブルストロークの音粒が”自分の耳で聞き取れる速度”までできたらテンポアップしていくようにしてください。

リバウンドの少ないところでの練習もオススメ

練習に慣れてきたら、リバウンドの少ないところでの練習もオススメです!

自宅で練習するときは練習パッドを使っているかと思いますが

  • 練習パッドにタオルをかける
  • 枕を叩く

など、反発の弱いものを叩くことにチャレンジしてみましょう。


特にゴム製のドラムパッドは反発が強いので、普段使っている人は気をつけてください。

低反発練習は「スティックリバウンド能力」を劇的に向上してくれます。

特にダブルストロークはリバウンドありきの奏法なので、低反発のものでもできるように慣れば、かなりスキルアップできます。

完璧を求めすぎないのも大切

「ダブルストロークができない…。」と言っている方の中には「完璧主義者」の方がいらっしゃいます。

  • なんで自分は叩けないんだ…。
  • もうやりたくない…!

完璧主義は素晴らしいことですが、このようなネガティブ思考が生まれるのは避けたいものです。


音楽は楽しんでナンボです!テクニックを求めるのは、楽しんでドラムを叩けるようになってからでも遅くないですよ。

なかなか受け入れられないかもしれませんが、まずは「なんとなく雰囲気」できていれば合格点としましょう!

毎日コツコツ続けていれば必ずできることなので、焦らずに練習を続けて行ってくださいね。

ダブルストロークのまとめ

初心者と中級者の違いを明確に分ける指標は「これだ!」と一概には言えませんが、ダブルストロークができるかどうかは、間違いなく必須スキルだと思います。

しかし、ダブルストロークが出来なくても、人の気持ちを動かす演奏は可能です。

今はまだ出来なくても、毎日コツコツ練習していたら必ずできるようになります。

焦らず頑張っていきましょう!


僕は10年以上練習して、未だ自分の満足できるダブルストロークを叩けません…笑。でも、何百回も楽しいライブを演奏してきました。これほど幸せなことはないですよ。皆さんもスキルばかりに執着せず「音を楽しむ」ことを忘れないでくださいね!