上手い人ほど練習時間が多い!ドラム上達の鍵を握る「10000時間の法則」とは!?

努力=実力?


ドラムが上手い先輩は、みんな努力家だったなぁ〜

でも、私はドラムを楽しめれば十分だし、練習=努力って考えると苦痛になりそう

みなさんは”努力”についてどのように考えていますか?

僕は、努力することだけにフォーカスするのは良くないと思いますが、”努力”は物事を上達させる上でとても重要なことだと思います。

でも、一体どれだけ努力すれば良いのでしょうか?

もし、「これだけ努力したら一流と呼ばれる指標」みたいなものがあったら、そこまで努力してみたいと思いませんか?

今回は、有名な「10000時間の法則」というものをドラムに置き換えて考えていこうと思います。




10000時間の法則とは?

天才の絶対条件とも言われる”指標”

みなさんは、10000時間の法則というものをご存知でしょうか?

ざっくりと言ってしまうと、「どんな人間であっても10000時間努力をすれば、その道でプロフェッショナルになれる」という指標です。

一時期「天才の絶対条件」として話題になり、プロフェッショナルを目指す人達の目標になりました。

エジソンを始め、ビル・ゲイツやビートルズなど数々の天才達は、生まれた瞬間から天才だった訳ではなく、膨大な時間努力したことによって世間から「天才」と呼ばれるようになったのです。

このように、僕たちも同じようにドラムを10000時間練習したら、プロレベルになれるのではないでしょうか?

では、10000時間という膨大な時間では分かりにくいので1日何時間かかるのか見ていきましょう。

「10000時間」とは実際どれほどの日数がかかるの?

10000時間と言われると、ピンと来ないかもしれないので日数に変換してみましょう。

10000時間は・・・

  • 毎日3時間で約10年
  • 毎日5時間で約5.5年
  • 毎日8時間で約3.5年

どうでしょうか?

僕はこの指標を見て、新社会人も3年(1日8時間勤務)経てば一人前になれると言われるのも、あながち嘘ではないのかなと感じました。

しかし、ドラムの練習となると、時間のある学生なら「自分も10000時間練習するぞ!」と意気込めそうですが、社会人なら1日3時間作るのがやっとですよね。

ではここでそもそも「10000時間の法則」が正しいのかどうかを見ていきましょう。

賛否両論ある法則なので、どちらか自分がしっくりくる意見を取り入れるのが良いと思いますよ!

①”良い”という意見

 

こちらは「10000時間の法則」という言葉を有名した本で、「努力すること」の大切さを教えてくれます。

世間から「成功者」と呼ばれる人たちは、間違いなく10000時間以上もの努力をしてきた人たちで、その人たちの実例を読んでいると「自分も努力したい!」と思える、自己啓発的な内容もあります。

また、ただ努力することに焦点を当てているのではなく、「環境」の重要性にも語っています。

独りよがりに10000時間努力するのではなく、環境(外部的要因)も成功するための大きな要因となってくるようで「成功するために何をしたら良いか」悩んでいる人は一度読んでみることをオススメします。

②”悪い”という意見

こちらは”TED”で語られた「10000時間の法則は嘘」というプレゼンです。

アメリカの人気作家”ジョシュ・カウフマン”は、「10000時間の法則」に疑問を持ち、自分の体験を元に「20時間である程度のレベルまで達することができる」と語っています。

そして、いかに効率よく物事を学習していくけば良いのかについて4つのポイントを交えながら教えてくれます。

20分ほどの動画と短く、非常に面白いプレゼンなのでサクッとみれます!

ドラムを楽しんで練習する工夫!

僕たちドラマーが、10000時間練習する上で大切にしていきたいのが”いかにしてドラムの練習を楽しむか”ではないでしょうか?

10000時間ずーーーっと毎日家にこもって、ルーディメンツの練習をしていたら頭がおかしくなりそうですよね。

そこで「楽しみながらできる練習」を3つ紹介します。

ほとんどの人がやったことあると思いますが、まだこれからドラムを始める人は参考にしてみてください。

①お気に入りのバンドをコピーする!

これは誰もがやったことがあるでしょう!

好きな曲をウォークマンで聴きながら、ドラムをひたすら叩く

これほど楽しい練習はありませんよね!

好きなドラマーの手グセやフレーズを身体で覚えることができますし、自分なりにアレンジすることもできるのでオススメです。

②セッションに出かける!

初心者の人は「まだ自分には早い・・。」と言いますが、8ビートが叩けるのなら、とりあえず行ってみましょう!

実際にセッションをしてみると分かりますが、セッション慣れしているかどうかが重要です。

ドラムの技術はほぼ必要なく、いかに周りの音を聞けるかが重要です。

初心者か初心者じゃないかなんて、正直誰も気にしていませんよ!

そして、セッションを楽しむには場数を踏むしかありません!

1日でも早くセッションを楽しめるよう、恥ずかしがらず何度も行くことをオススメします。

③オリジナルバンドを組む!

「自分はメジャーデビューしたいから、今はまだバンドを組みたくない」と考えている人もいますが、時間に余裕があるのならオリジナルバンドを組むのも良いのではないでしょうか?

メンバーとオリジナル曲について話し合ったり、バンドに置けるドラムの役割というものを考える機会ができるので、とても勉強になりますよ

メンバー探しに苦労している人は、近くの音楽スタジオにあるメンバー募集の掲示板や、SNSなどを見てみることをオススメします!

「ただ時間をかけて練習すれば良い」という訳ではない!

みなさんは、ここまで読んでみてどのように感じましたか?

僕は10000時間の法則を信じていますが「ただ時間をかければ良いという訳ではない」ということを1番伝えたいです。

そして、

成功 = 時間 × 練習の質 × 気持ち」だと思っています。

受験勉強を例にすると、椅子に座っている時間が長くても、同じ問題を何回も解いていたり、ダラダラと勉強していたら、希望通りの結果を手に入れられないのではないでしょうか?

同様に、時間はもちろん大切ですが、練習の質、気持ち、どちらも小数点以下になってしまったら成功からかけ離れって行ってしまうのではないでしょうか?

そんなことを日々考えながら練習しています。

みなさんはどう思いますか?

たまには、こういうことを考えるのも楽しいですよね♪

 

関連記事

僕のドラム機材紹介!

10月10日が「ドラムの日」に認定!秋の大秋山会がアツい!?

【aDrums評判/レビュー】試打した感想は”生音感じる電子ドラム”【ATV】