バンドマン/ドラマー必見!難聴や耳鳴りを防ぐおすすめ耳栓3選

耳のケアをしないと難聴になるかも…。


バンドでスタジオ練習した後は、いつも耳鳴りがするな…。でも少し時間がたてば治るし…。

ドラムって結構うるさいもんね…。でも何も対策してないのは不味いじゃないの?

アコースティックドラムは音が大きい分、何時間も叩くと確実に「耳鳴り」がおきます。

ドラマーだけでなく、スタジオ練習を行うバンドマンも同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?

にも関わらず、対策をしている人はほぼ0に近いです!ひどい場合には難聴になってしまう可能性もあるのに…。


そこで、今回は意外と忘れられがちな「耳のケア」について紹介していきたいと思います!




ドラマーやバンドマンは難聴になりやすい!


当然といえば当然なのですが、音楽スタジオ(爆音環境)に何時間もいれば、誰でも難聴になってしまいます…。

アコースティックドラムは「カミナリ」と同じ大きさ!

皆さんは、アコースティックドラムがどれくらい大きな音なのか知っていますか?

音の大きさを表すdB(デシベル)を使うと130dBにもなります。


んー、デシベルって具体的に言うと、どれくらいの音量なのでしょうか?

あまり馴染みのない記号なのでピンと来ないかもしれませんが、実は「カミナリ」や「飛行機のエンジン音」ぐらいうるさい音量なんですよ!

「うるさい!」なんてものじゃない!

他にも例を上げておきます。

  • 掃除機の音(70dB)
  • ボーリング場(80dB)
  • パチンコ屋の音(90dB)
  • 自動車のクラクション(110dB)

正直掃除機の音でも、イラっとくるほどうるさい音量なので、アコースティックドラムがいかに「うるさい」のかわかると思います。


このまま何も耳のケアを行わずに1年、3年、10年・・・。とドラムを続けていったら…。「難聴予備軍」まっしぐらですね…。

「耳鳴り」から「難聴」へ。さらに「頭痛の原因」にも!

スタジオ練習が終わると耳の中から「キーーーン」という音…。

いわゆる「耳鳴り」ですが、この耳鳴りが酷くなると「難聴」になります。

さらに、難聴が悪化すると「慢性的な頭痛」を引き起こす原因にもなったりします。

最近では「イヤホン難聴」というものがあるように、習慣的に大きな音を聞くことは、耳に大きな負担がかかります。

ですので、ドラマーを始めとしたバンドマンは、必ず「耳のケア」をするようにしましょう。

バンドマンにおすすめの耳栓3選


バンドマンが行うべき「耳のケア」は「耳栓」を使うことです。そして、耳栓にも様々な商品がありますのでおすすめの耳栓を3つ紹介します!

①ドラマーのために開発された耳栓!イヤープロテクター:¥7,560-

一つ目は、ドラマーのために開発された耳栓

正直値段はとても高いですが機能面を重視したい方はこちらの耳栓がオススメです。

 

バンドマンやミュージシャン向けに作られただけあって遮音性が高く、水洗いもできるので何度でも繰り返し使えます。


耳栓は小さく、失くしがちですが、ケース付きなので心配ご無用。「どうせ買うなら、一生物の耳栓が欲しい!」という方は買ってみても良いかもしれませんね!

②何と言っても”コスパ”重視!MOLDEX メテオ:¥480-

コスパを重視したい方は、こちらの耳栓がオススメ!

480円で8ペア分も入っているので、使い捨てにするもよし、何回か使い回すのもよしです。

 

特に耳栓にこだわりがない人は、こちらの商品で十分かと思います!


僕はお金がないので、この耳栓一択です!

③ライブ中でも使えるカッコよさ!PUAroom耳栓:¥2,590-

やはり、ミュージシャンにとって「見た目」はかなり重要。

こちらのイヤホンは写真をみてわかるようにデザイン性に特化したもの。

 

素材がシリコンなので、耳にしっかりとフィット。付け心地にも定評があります。


色は”ブルー・レッド・ブラック”とあり、カラーバリエーションも豊富なのも嬉しいポイント!ライブでも耳栓を使いたい方にオススメです!

たまには”生音”を聞くのも忘れずに!

耳栓をして練習するのは耳にとって良い事ですが「ドラマーとして」を育てるためには”生音”を聞くことも大切です!

というのも、ドラムは打楽器なので「音のダイナミクス」を表現したり「サスティン」を聞き分けたりする聴力が重要になってきます。

特にジャズドラムのように、繊細なタッチを表現できるドラマーになりたいのなら、この2つのポイントは避けては通れません。


たまには「ドラマーの耳を育てる」という意味で、耳栓を使わずアコースティック本来の音色を楽しむことも忘れないでくださいね。