【上級編まとめ】プロドラマーの登竜門?これができれば脱初心者!

この練習をマスターすれば「脱・初心者」できます!


初級編、中級編をマスターしたら、かなりドラムのスキルがアップしたぞ!この調子で上級編も練習だ!

すごいね!今回からは遂にツインペダルの練習も入ってくるから、心して練習してね!

さて、いよいよ上級編です。


上級編の練習をマスターすれば、相当スキルがつきます!プロドラマーになりたい人ならできて当たり前の内容ですが、ぜひ挑戦してみてください!

当サイトでは、初級編中級編のまとめ記事も作成しています。

もし、まだどちらも試していないのであれば、ぜひ一度ご確認してから上級者の練習を開始してください。




まずは基礎練習で限界突破してみよう!

①「ストーンキラー」での限界突破!BPM130〜を目指そう!

初級編、中級編で何度も紹介してきた「ストーン・キラー」。

この練習をBPM130まで叩けるようにしてみましょう。


毎日続ければ誰でもできるようになります。この練習でシングルストロークがマスターできるので、無理せずコツコツ練習していきましょう!
ストーンキラーを知っていますか? このような悩みは、ドラマーであれば誰しもが通る道です。 特に、スピードの速い曲はいきな...

②「左足」を使えていますか?左足上達の特効薬を紹介!

ツインペダルを購入する前に、できることはたくさんあります。

その中でも、一番効果があるのは「右足のレベル」と「左足のレベル」の均一を測ること。


ドラム上達のカギを握るのは「左足」です。上級者の方は下記の練習を左足で全マスターを目指しましょう!

ステップ①:まずは8分音符キックを「左足」でマスターしよう!

ステップ②:次は16分音符キックを「左足」でマスターしよう!

どちらの足も、自分が思ったように動かせるようになると、様々なことに応用できます!

③ツインペダルの王道パターンを1時間で完全マスター

さて、いよいよツインペダルの練習方法を紹介します。

いきなりツインペダルをふみ始めるのも良いですが、まずは王道パターンをマスターしてみましょう!


1時間で周りがアッと驚くフィルインをマスターします。曲中に入れるとかなりカッコイイですよ!
ツインペダルは、ドラムの表現を広げてくれる! ドラムに慣れて、色々なフレーズを叩けるようになってくると、ツインペダルを購入したくなってきます。...

これぞ上級編!一筋縄ではいかない練習まとめ

①ストーン・キラーにアクセントを加えてみよう!

ドラムの上達を目指すのであれば、オーバーワークをこなすのは当たり前。

本番では緊張したり、トラブルがあったりと、練習の数十パーセントの実力しかできないこともありますから、普段の練習の負荷を高めておくことをオススメします。


正直この練習はかなり難しいです…。あまり無理をせず「自分のできるテンポ」で行なってくださいね!
ストーン・キラーはやればやるほど上達する練習方法! 前回記事でも紹介した”ストーン・キラー”という練習方法。 とってもキツイ練習方法です...

ツインペダルを楽しく上達するために「曲」と合わせて練習しよう!

効率の良い練習ばかりするのも良いですが、たまには息抜きも必要です。

そこでオススメなのが「好きな曲」と合わせて練習する方法。


ツインペダルを練習するために相応しい曲をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください!
高速ツインペダル、踏みたくありませんか? ドラマーであれば、一度はツインペダルを踏んでみたことがあるかと思います。 でも、思った以上にう...

「トリッキーな変拍子」や「休符ありのフィルイン」に対応するために

上級レベルになると、変拍子や特殊なフィルインは叩けて当たり前になってきます。

練習の数を増やして身体に身につけるのも良いですが、「語呂合わせ」を使うと便利ですよ!


身体がついていかないなら、まずは「語呂合わせ」で歌ってみる。基礎中の基礎ですが、上級レベルでも応用できるので紹介しました。
前回、紹介した”語呂合わせ”練習から応用して・・・。 前回紹介した語呂合わせ練習方法。 https://drumkouza.com/20...

上級者なりの「見せ方」や「考え方」

①パフォーマンスに「スティックトリック」を取り入れてみよう!

ライブパフォーマンスと言ったら「スティック回し」が思い浮かびそうですが…。

上級者を目指すのであれば「スティックトリック」の練習を取り入れてみてはいかがでしょうか?


友達が、ハイハットを叩くときに「スティックトリック」をやってたけど、本当にかっこよかった…!
普通の練習に飽きてませんか? ある程度ドラムが叩けるようになると、どうしても練習するのが億劫になってきます。 僕自身ドラ...

②ドラム練習にも「イメトレ」や「メンタル」は重要な要素!

ドラム練習と言えど「イメトレ」や「メンタル」は重要な要素です。

  • 挫折
  • 不安
  • 悩み
  • 苛立ち
  • 失敗

上達すればするほど、プロに近づけば近づくほど、このような悩みは大きくなっていきます。


「成功体験」と「失敗体験」は切っても切れない関係。大切なのは「失敗からいかに立ち直れるか」です!

「最近自分の成長を実感できないな〜。」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日々の練習で”イメージトレーニング”がいかに大切か... 。 ドラムを中学生の頃に始めて13年が経ちました。 時に自分の成長を感じ、時に...

関連記事

ドラムを13年続けて見えてきた”イメージトレーニング”の重要性

【3連符/6連符の応用編】休符のある変拍子も語呂合わせで叩こう!

【1時間でできるツインペダル】手2足2フレーズが簡単で初心者におすすめ!

スティックトリックを身につければドラムパフォーマンス力UP!マンネリ練習のスパイ...

高速ツインペダルを踏みたいなら”曲”に合わせて練習するのがおすすめ

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れま...