1時間の練習で上手くなる!合理的にドラムを学べる教本を紹介

1時間の練習でドラムが上手くなる!?

皆さんは、ドラムの練習をどのように行なっていますか?

  • 完全独学
  • 好きなアーティストの曲をコピー
  • 教本を使って
  • ネットで調べて
  • YOUTUBEをみながら

ネット社会になってからというもの、情報がどんどん流通し、動画コンテンツでさえ手軽に無料で誰でも見れるようになりました。

このことは、本来感謝すべきことなのですが・・・。

情報が多すぎるというのは、時に問題になることがあります

正直な話、僕もドラムの教本がどれがいいのか自分で判断できないときは、ネットに情報を頼って、買ってはやめ、買ってはやめを繰り返してきました。

今となっては、その経験もよかったとは言えるのですが、やはりお金と時間の無駄になるので、皆さんには同じ経験をして欲しくはありません。

話は長くなりましたが、今回紹介する教本は、何十冊とドラム教本を買ってきた僕が、自信を持ってオススメできる1冊です!

その名も「ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる!」です。

今回はこちらの教本を紹介していきたいと思います。




どんな内容なの?

合理的にドラムの練習ができる教本

一度ページをめくってみて貰えばわかると思いますが、「1時間で上手くなる」という謳い文句にも十分頷ける内容です。

というのも、非常に合理的な練習ばかりだから。

どの練習フレーズも無駄がなく、網羅性が非常に高いため、濃密な練習を個人で行うことが可能となっています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、この1冊を完全にマスターできれば、一目置かれるドラマーになること間違いなしです!

レベルは中級者向けですが、初心者でも十分OK!

自宅練習でも、スタジオでも。

どこでもできる練習フレーズが51個収録。

CD付きなので楽譜が読めなくても安心して使えます。

難易度は少々高めではありますが「この1冊をやり切って、絶対に上手くなってやる!」と思っている方は、絶対に買ったほうが良いでしょう。

オススメ教本の中でも1、2を争うぐらい良い教本です。

著者は「プロを教える」ドラム講師

著者の染川良成さんはプロを教えるドラム講師

ドラムマガジンで連載コーナーを持っていたり、ドラムジムというドラムスクールを開講していたりする有名な方です。

論理的にドラムを分析されているので、解説も非常に分かりやすいです。

”この1冊をまずはマスターする!”ぐらいの意気込みで!

なんども言いますが、この1冊をやり込めば十分上達できます

初心者の人は1年から2年、中級者の人であれば半年から1年。

もっと時間はかかるかもしれませんが、根気よく練習を続け、着実にマスターしていけば必ず成長できます。

内容が濃い分、大変なことも多いかと思いますが「必ずやりきる!」という気概を持ってチャレンジしてみてください!

関連記事

カラオケ点数10UP!音痴の僕が”大人のための音感トレーニング本”を読んでみて

【独学】モーデンドラマー誌がオススメする25冊のドラム教則本をまとめてみた!

ドラムを合理的に征するルーディメンツ活用法30/著:染川良成

ドラマーのバイブル”STICK CONTROL”はドラム練習に欠かせない教本です...

ドラムの”グルーヴ”と”音色”ってどうやって勉強したらいいの?

【ドラム教本】The Encyclopedia of Double Bass D...