【3分で読める】ドラムを始めたい社会人のためのプチレッスン

社会人からでもドラムを始めても良い!!

「ドラムを始めたいけど、何から手を付けたらいいかわからない」というのは、ドラム初心者にとって永遠のテーマです。

特に、年齢がネックになっている方は多いようです。

学生であれば時間がありますが、社会人となると練習時間が取れません・・・。

そのため

  • 社会人からドラムを始めるは遅いのでは?と悩んでしまう
  • 「いつか、いつか・・・」と先延ばしにしてしまう

これではいつまでたってもドラムができません!

そこで今回は、時間のない社会人のために、ドラムを始めるための準備と簡単な練習方法についてまとめてみました。

ドラムを始めたい社会人:準備編

ドラムを始める前に準備しておくといい物

「ドラムを始めたい!」そう思ったら、すぐに行動することをオススメします。

社会人のメリットは、何と言っても資金面。

「ドラムを始めたい!」という気持ちがあれば、いますぐ楽器屋に行って、最低限のセットを購入できます。

事実、最低5,000円あればドラムを始めることができますので、練習する環境を作って”ドラムを始めざるをえない”状況にしてしまいましょう!

準備編①ドラムスティック

やはり、スティックがないことにはドラムを始めることができません。

スティックの質量感を掴むためにも、早いうちに自分用のスティックを準備しておきましょう。

こちらは僕が5年以上使っているスティック。ジャンル問わず、オールラウンドに使えます。

「どれを買っていいかわからない」かもしれませんが、ドラムスティックは消耗品ですから、平均的なものから使い始めると良いでしょう。

準備編②ドラムパッド

「ドラムを始めたい!」といっても、いきなりドラムセットを買うのは難しいと思います。

ですから、まずは練習で叩くためのドラムパットを買うことをお勧めします。

よく、ドラムの練習を雑誌で行っている人もいますが、ドラムパッドはずっと使えるものですので早いうちに買っておいてしまったほうがいいでしょう。

ドラム練習パッドのオススメ12選しました! ドラムを練習する上で必須アイテムであるドラムパッドに関してでさえ色んな悩みがあると...

※この中のドラムパッドであれば、どれを買っても十分練習できます!

種類が色々あるので、住宅環境自分の目的に合わせて購入してみてください。

ドラムパットは大きい音を出さずに叩けるので、家の中で練習するための必須アイテムです。

スタジオに行く場合は・・・

ドラムセットはお金がかかることはもちろん、場所をとったり、近隣に迷惑がかかるといったデメリットがあります。

そして、ドラムパッドを使うわけですが、毎日叩いていてもつまらないですし、ドラムを叩けるようにはならないでしょう。

そこで、休日を利用して、近くのスタジオでドラムセットを叩いてみることをオススメします。

初心者ドラマーがスタジオ練習でやってはいけないこと 初めてのスタジオ予約おめでとうございます! 僕は初めてスタジオを予約...

スタジオ練習には、NG行為も多々ありますので、一度↑の記事を確認しておいてくださいね。

ドラムを始めたい社会人:練習方法

コスト0円!当サイトを利用した練習方法

当サイトでは、ドラム初心者の方に向けて、練習方法を公開しています。

全くドラムを叩けない人に向けた記事も書いていますので、まずは初級編の練習方法から始めみてはいかがでしょうか?

ある程度叩ける方は、中級編上級編も用意してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、教本を使うで、さらにスキルアップすることができます!

1冊極めれば、バンドに誘われるようなレベルまで達することでしょう。

ドラム教本一覧はこちら

ドラムDVD一覧はこちら

こちらで紹介している教本・DVDは、僕が使ったものの中でオススメできるもののみを記事にしていますので、参考にしてみてください。

練習をより効率よく行うために

練習をより効率よく行うためには、ドラムアプリが役立ちます。

やはり、ドラム練習には正確なリズムを刻んでくれるメトロノームが必須アイテム。

ドラムアプリを駆使して、練習を効率的に行おう! ドラムの練習をするとき大半のドラマーが、何かしらのアプリを使っていますよね。 僕もドラム...

※無料でもかなり使えるアプリがたくさん!

他にもたくさんドラム関連のアプリがあるので、自分に必要なものがあればインストールしておきましょう。

まとめ:ドラムを始めるのに、年齢は関係ない!

 社会人だから・・・。と言って、ドラムを始めたい気持ちを抑えてしまうのは勿体無いです。

というのも、みなさんご存知の8ビートは、1週間あれば誰でも叩けます

また、8ビートが叩けるようになれば、ロックバンドの曲を叩けますし、バンドを組むことだってできるでしょう。

ハードルが高いと思われがちな楽器ですが、案外そうでもありません。

今回紹介した内容は、初歩の初歩です。

ぜひここから、ドラマーとして活躍されることを楽しみにしています。

関連記事

【初心者】ドラムを始めたい方必見!5000円あれば練習できるよ!

【電子ドラムVSアコースティック】メリット・デメリットまとめました!

下手でも良いじゃん!ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ

ドラムに挫折はつきもの!成長の実感がないなら基礎練習から見直そう

生ドラムは「カミナリ」と同じ音の大きさ!?耳栓を使って大事な耳を守ろう!

目指せ脱ビギナー!初心者ドラマーが忘れてはいけない”5つ”の大切なこと