ドラムの表現が大幅にUP!脱初心者に向けて”ダブルストロークロール”を練習しよう!

ダブルストロークロールできますか?


ダブルストロークロールができるとカッコいいよね

私もやってみたいけど、初心者には無理かな・・・?

そんなことありません!

ダブルストロークロールは、毎日練習すれば誰にでもできる奏法です。

また、そろそろ初心者を脱したいと思っている方は確実に習得するべきスキルなので、必ず練習しましょう!

”コツ”を掴めば誰でもできる!

初心者だからできない!という訳ではない!

皆さんは、「初心者ドラマーにはダブルストロークロールはまだ早い」と思っていませんか?

確かに基本のストロークができる前に習得しようとするのはお勧めできませんが、ある程度叩けるようになったら挑戦してみてもいいのかなと思います。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、自分からどんどん学んでいきましょう!

 

それでもドラムのスキルに不安のある方は参考記事を書いていますので、参考にしてみてください!

基本のストロークに不安のある方はこちら↓

 

”ストローク”を知っていますか? そうです。ドラムには基本のストロークが4つあります。 ストロークとは簡単に言ってしまえ...

ダブルストローク以外のロール奏法をお探しの方はこちら↓

ドラムロールをやってみたい・・・ コンテストの1位発表の時とかに使われる「ザーーーーーッ!」というドラムロールは、ドラマーにと...

基本は”2つ打ち”のイメージ

こちらはYoutubeドラムレッスンで有名な池脇さんの動画。非常に丁寧で分かりやすいので、参考になるかと思います。

コツとしては、”2つ打ち(RRLL or LLRR)”を徐々に早くしていき、かつRLの間の隙間を無くしていくイメージです。

また、徐々に早くするには「メトロノーム」、RL間を狭めるには「打つ前からの準備」がポイントとなります。

メトロノームの練習に関しては後ほど紹介しますが、打つ前から準備するのは「基本的なストローク」ができていればできることですので、不安な方はこちらを参考にしてみてください。

オススメ練習方法!

クリック練習は”やはり”必須!

やはり音楽の練習に置いて欠かせないのがクリック練習です。

そして、ダブルストロークの練習も、遅い速度から徐々に早くしていく「テンポアップ練習」をします。

中級者レベルの方は特に問題ないと思いますが、目安としては”BPM=80〜自分の耳で聞き取れる速度”までを地道にやって、スピードアップを目指していきましょう。

リバウンドの少ないところでの練習もオススメ

練習に慣れてきたら、リバウンドの少ないところでの練習もオススメです!

自宅で練習するときは練習パッドを使っているかと思いますが

  • 練習パッドにタオルをかける
  • 枕を叩く

ことにチャレンジしてみましょう。

低反発練習は「スティックリバウンド能力」を劇的に向上してくれます。

特にダブルストロークはリバウンドありきの奏法なので、低反発のものでもできるように慣れば、かなりスキルアップできます。

完璧を求めすぎないのも大切

僕が大雑把な人間ということもありますが、ダブルストロークができないと言っている人ほど「完璧主義」のような気がします。

完璧主義は素晴らしいことですが、たまに自分の首を苦しめてしまいます。

例えば、完璧を追い求めすぎると「なんでできないんだ・・。」とネガティブな考えになってしまい、最悪の場合「もうやりたくない!」となってしまいます。

これでは音楽を楽しむことなんてできませんよね。

なので、まずは「なんとなく雰囲気」できていれば合格点としましょう!

毎日コツコツ続けていれば必ずできることなので、焦らずに練習を続けて行ってくださいね。

まとめ

初心者と中級者の違いを明確に分ける指標は「これだ!」と一概には言えませんが、ダブルストロークができるかどうかは、間違いなく必須スキルだと思います。

もちろんダブルストロークが出来なくても、人の気持ちを動かす演奏は可能です。

しかし、演奏の幅が広がることで、より自分を表現できるのではないでしょうか?

今はまだ出来なくても、毎日コツコツ練習していたら必ずできるようになります。

また、音楽は音で会話をするものですから、少しでも自分の気持ちがオーディエンスに届くといいですね!

 

関連記事

【実践編】 これだけは絶対身につけたいパラディドル3選

ドラムスティック回しが上手くできない!?簡単にできる練習動画3選!

変拍子リズム(3/5/6/7/9連符)は”語呂合わせ”でカンタンに克服しよう!

おしゃれなドラムを叩きたいなら!16分キックを全てマスターしよう!

トリッキーなドラム練習方法を紹介!リバウンドの大切さを知ろう!

【中級者向け】ドラムの基礎練習(チェンジアップ)から見直そう!