EDM好き必見!ドラムの革命児”マット・マグワイア”がカッコよすぎる!

”ドラム”に対してどんなイメージがありますか?


ドラムといったら「縁の下の力持ち」のリズム隊

バンド内はギターやボーカルほど目立たない

こういったイメージを持っている方も少なくないと思います。

そこで、今回はこのイメージを払拭するために”マット・マグワイア”というドラマーを紹介します!

ドラムは「バンドありきの楽器」でなく、「ソロでもかっこいい」楽器ですよ!

今、世界中から注目を集める”EDMとドラムの融合”

Calvin HarrisのHow Deep Is Your Loveのドラムカバー。EDMと言ったら”電子音”のイメージが強いですが、ドラムと組み合わせるとこんなにカッコよくなるんですね・・!

そして、このドラムを叩いているのは”マット・マグワイア(Matt McGuire)”という方です。テクニックはもちろん”ドラムの叩き方・見せ方”が革命的。

H.H.を両サイドにセッティングして全身を使って叩くプレイスタイルは、一度見たら忘れられないほどパワフルでカッコいい!!

表現方法は様々!電子パットを使って演奏も!

こちらの動画では電子パットを使って AviciiのLevelsという曲を演奏しています。

最近のドラムコンテストでも、ドラムセットと電子パッドを組み合わせるスタイルをよく見かけますよね。

 Drum-Offは世界のドラマーが注目するコンテスト! 世界一のドラマーを決めるコンテスト"Drum-Off"。 ギターセンターという...

DTMの登場で「ドラマーはいつか必要なくなるかも・・」という声もありましたが、マット・マグワイアを見て人が叩くからこそドラムはカッコよくなる!と改めて思いました。

マット・マグワイア(Matt McGuire)とは?

オーストラリア出身のドラマー。6歳の頃にドラムを始める。

2004年に、マイケル・ジャクソンを初め数々の有名アーティストのレコーディングに携わったレオン・チャンクラー (ドラマー、パーカッショニスト)と演奏しプロデビュー。

現在、EDMのドラムカバーした動画で注目を集め、世界中から注目されているドラマー。

Twitter公式サイトinstagramYOUTUBE

YOUTUBEチャンネル動画の合計視聴数は1億ビューを達成!(2017,07.04時点)

リンクを貼っておいたので、他の動画を見たい方はチェックしてみてください!(Twitterやインスタでも動画を公開しています)

ザ・チェインスモーカーズのサポートドラマー!

2012年に結成された”ザ・チェインスモーカーズ”。DJとソングライターのユニットで、2014年「#SELFIE」で大ブレイク。

全米チャート12週連続1位や、数々の音楽賞を総なめにするなど世界が認めるEDMヒットメーカー。

2016年にはサマーソニックに出演したことでも知られています。

ザ・チェインスモーカーズのオススメ曲も紹介!

個人的に好きということもありますが、紹介しておきます!

オシャレで哀愁漂う曲が好きという方にピッタリだと思いますよ!

世界中で大ヒットを記録したColser。

別れた恋人との再会を歌ったロマンチックな曲」で歌詞・PVも必見です!

「#SELFIE」はYouTube再生数4億回超の大ヒット曲!

この曲を無料リリース後、スティーブ・アオキのレーベルDim Makの目に留まり、ザ・チェインスモーカーズのデビューのキッカケとなった代表作です。

「Don’t  Let Me Down ft.Daya」

アップテンポな曲で気分を高めたいときにオススメ!

EDMを普段聞かない人でもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

これからも注目のドラマー!

マット・マグワイアを見て180°印象が変わったのではないでしょうか?

電子パットを使えばメロディーを奏でることもできる。さらに、パフォーマンスで惹きつけるドラミングは単純にカッコいい!

きっとマック・マグワイアはこれからも新しいドラムの表現を発信する先駆者になるでしょう!

今後も注目のドラマーですね。

 

 

 

関連記事

【ドラムの神様】バディ・リッチの凄さが5分でわかる動画&伝説を紹介!