【動画】脱初心者に向けて基本の”アップ・タップ・ダウン”ストロークをできるようになろう!

”ストローク”を知っていますか?


僕はロックドラマーだから、常に全力で叩くよ!だからストロークは1つだ!

私は吹奏楽の先輩から、ストロークを教えてもらったわよ!確か4つあったわ!

そうです。ドラムには基本のストロークが4つあります。

ストロークとは簡単に言ってしまえば”スティックの振り方”です。

そして、このストロークを使っているかいないかで「聞き手側」に与える印象や音が全く違います!

ドラムを叩く上で、とても大切なことなので確実にできるようにしましょう。

①フルストローク

このストロークは基本中の基本です。

フルストロークとは高い位置から振り下ろしてドラムを叩き、高い位置まで戻すストロークです。

楽譜ではFullの頭文字である”F”で表記されます。

全力で叩いたりしている時や、人間や動物が棒状のものを振って何かを叩く時もフルストロークです笑

特に練習する必要もなく、自然な動作なので誰でもできます。

②ダウンストローク

ここから重要になってきます。

ダウンストロークとは高い位置から振り下ろしてドラムを叩き、低い位置に留めておくストロークです。

楽譜ではDownの頭文字である”D”で表記されます。

先ほどのフルストロークと似ていますが、低い位置で留めることがポイントとなります。

低い位置で留めでおくことで、次のストロークは振りかぶることができないので確実にアクセント無しになります。

今は「なぜこんなことをする必要があるんだ?」って思われるかもしれませんが、アクセントをつける際に非常に重要になります。

まずは4つのストロークを全て理解しましょう!

③タップストローク

続いてタップストロークです。

タップストロークとは低い位置からドラムを叩き、低い位置に留めておくストロークです。

楽譜ではTapの頭文字である”Tで表記されます。

このストロークが1番重要で難しいです。

というのも打楽器で”小さな音”をだすことが、とても大変だからです。

例えば、先ほどのフル・ダウンストロークは大きい音を出せばいいので、言ってしまえば力任せに叩いてもOKです。

しかし、タップストロークはアクセントの音と区別できる小さな音を出さないといけません!

また自分では小さい音を鳴らせていると思っても、客観的に聞いたら大きい音で、最悪の場合アクセントと区別がついてないこともあります。

では、どうしたら良いのでしょうか?

それは低い位置を定義することにヒントがあります。下記に詳しく書きましたので後ほどご覧ください。

④アップストローク

最後はアップストロークです。

アップストロークとは低い位置からドラムを叩き、高い位置に持っていくストロークです。

楽譜ではUpの頭文字である”Uで表記されます。

こちらのストロークも、タップストロークと同様で低い位置からドラムを叩くので、アクセント無しのストロークになります。

タップストロークとの違いは、叩いた後、高い位置に持っていくというルールがあることです。こうすることで、次のストロークは振りかぶることができるので、アクセントありのストロークになります。

言ってしまえば、振りかぶるためのストロークですね!

以上で4つのストロークの紹介を終わります。

”低い位置”と”高い位置”の定義

先ほどタップストロークの説明の最中にも言いましたが、アクセントをつけるためには小さな音が出せないといけません。

ドラムの音はとても大きいので、全力で叩いた時の音と、中くらいの力で叩いた時の音は客観的に聞いてみるとあまり区別できなかったりします。

そこで、小さな音を出せるようになる必要があります。とても難しいことですが、誰でも簡単にできる方法があります。それは”低い位置”と”高い位置”を定義しておくことです。

  • 低い位置 → ドラムから3cmぐらい
  • 高い位置 → チップが肩より上

こうすることで、小さい音と大きい音の区別できるようになります。

プロの中には、1番小さい音から1番大きな音まで20以上区別できるように叩き分けている人もいるそうですが、まずは小さい音と大きい音を区別できるようになりましょう。

これだけで、表現の幅がグーンと上がります。

動画でチェック!

では大まかな理解ができたと思うので、動画でチェックしてみましょう!

僕の中で、1番わかりやすかった動画です。

もしわかりにくかったら、他の画像を探してみましょう!

なぜストロークが必要なのか?

実際に叩けるようになったでしょうか?

では”なぜストロークが必要なのか”考えていきましょう。ここまで読み進めていただいた方は、もう分かっているかと思いますが、ストロークができることで音の強弱が客観的に区別できるようになります。

このように音の強弱を意識してストロークを極めていくことで、ダイナミクスを使え、表現の幅がかなり広がり、ただうるさいだけのドラムから卒業できます。

皆さんはプロのドラムの音を聞いたことがあるでしょうか?大きい音でも聴き心地が良く、胸の中まで響く音だったと思います。

このようになるまでには、かなりの練習量が必要になりますが、一つだけ確実なのはストロークという基礎を極めているということです。

少しずつ練習に取り入れ、確実にできるようにしましょう。

オススメ練習方法

ではどのように練習をしていったら良いか紹介します。

前回書いた記事の中にドラマーのバイブル”STICK CONTROL”について書いたので、こちらを参考にしてください。

この教本は、世界中のプロドラマーが大絶賛し、世界のドラム教本ランキング25(こんなランキングもあります笑)に入っているほどです。

また、先ほど紹介した”F・U・D・T”という表記もされているので、とてもわかりやすくストロークが学べます。

その他教本の紹介もしておりますので、よかったらこちらからみてください。

ダイナミクス(音量差)

最後はダイナミクスについてです。プロドラマーの音が”なぜうるさくないか”といったことにも繋がることです。

皆さんはドラムを叩く上で体格が重要だと思いますか?

マッチョの人、普通の体型の人、痩せている人、太っている人など色々な体格の人がいますが、実はそこまで重要ではありません

確かに体格やショットスピードで、ダイナミクスを調節することは可能です。

しかし、1番はっきりとするのは”ストロークの幅”にあります。

ストロークを極め、音の強弱ができればダイナミクスのあるドラムになります。

 

なんどもしつこいですが、これぐらいストロークは重要です!

まとめ

  • 4つのストロークの習得は必須
  • 初めたばかりなら「大きい音・小さい音」の区別をつけて叩けてればOK
  • だけど本来の目的は、ダイナミクスを使いこなし打楽器を上手に鳴らすこと

心地よい音色を奏でられるようになりましょう。

関連記事

【ドラム初心者向け】自宅でできるドラムの練習方法をまとめてみました

棒ドラマーになってないですか?8ビートをカッコよく叩いて、上手にリズム乗る方法!

パラディドルとは?ドラム初心者でも分かるようにまとめてみました!

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れま...

シングルペダルで8ビートの全パターン!まずは8ビートの足をマスターしよう

ドラマーは筋トレ必須!?ドラムに必要な筋肉を考え、自分にあった筋肉をつけよう