【1時間でできるツインペダル】手2足2フレーズが簡単で初心者におすすめ!

ツインペダルは、ドラムの表現を広げてくれる!

ドラムに慣れて、色々なフレーズを叩けるようになってくると、ツインペダルを購入したくなってきます

特にロック・メタルを好んで聴く人は、”ツインペダルを使おうかな〜”と毎日のように迷っているかと思います。

でも、

  • まだ早いかも・・・
  • 買っても何をやって良いか分からない・・・

そのように思っていませんか?

そんなことありませんよ。ツインペダルは案外誰でもすぐに叩けてしまいます。

そこで今回は、初心者ドラマーでも1時間で叩けるかっこいいツインペダルフレーズを紹介します!

正直めちゃくちゃ簡単なので、サラッと練習してマスターしてしまいましょう!




ツインペダルの”手2足2のコンビネーション”とは?

偶数の動きは、非常にカンタン!

まず、本題に入る前に”手2足2フレーズ”を練習するメリットをお伝えしておきます。

実は、このフレーズが偶数であることがポイント。

というのもほとんどの楽曲が4/4拍子ですよね。

ですから、偶数の中でも一番最小の数である2のフレーズをマスターすることで、どんなに複雑なフレーズでも倍数で増やしていくだけで応用できるのです。

今は実感が無いかもしれませんが、騙されたと思って練習してみてください!

さっそく譜面を確認して叩いてみよう!

ご覧の通り”手2足2のフレーズ”は、非常にシンプル。

叩く手順は「右手→左手→右足→左足」という流れです。

今ツインペダルを持っていないという方も、エアードラムでやってみてください。

めちゃめちゃ簡単ですよね?

そしてこのフレーズを応用していくと、かなり使えるんです!

1日3分でOK!身体で覚えるまで練習

今まで四肢を使わずドラムを叩いていた人は、”簡単じゃないよ!”と思われたかもしれません。

そんな方は、自分のできるテンポでエアドラムをして練習してみましょう。

1日3分でも続けていれば、1週間あればできてしまいます。

※時間がない人は1時間ひたすらこの動きを続けるだけでもOK

人間本来の動きに近いためか、誰でも簡単にマスターできるでしょう。

そして身体で覚えてしまえば、BPM200を超えの曲でも無理なくフレーズに盛り込むことができますよ。

さらにツインペダルを極めると・・・

応用編:手4足4コンビネーション

こちらは、手4足4の基本的なパターン

スネアとツインペダルだけですが、メタルで非常によく使われるフレーズです。

先ほどのフレーズが叩けたら、次はタム回しに応用してみましょう。

これだけでも、相当インパクトの強いドラムになります。

他にも「手2足6」にしたり「手6足2」にしても面白いですね。

「手2足2」というツインペダルの基本ができていれば、応用は無限大です!

メタル系ドラムを叩くことも可能!

「手4足4」のフレーズをマスターすると、どんな曲が叩けるのかも紹介しておきます。

Through the Fire and Flames
ドラゴンフォース
2005/12/28 ¥250

こちらは、スピードメタルバンド、ドラゴンフォースのThrough the fire and flames

とても難しそうな感じがしますが、先ほどのフレーズで対応可能です。

例えば、

  • 15秒あたり→「手8足8
  • 24秒あたり→「手4足4

となっているのがわかりますし、基本的にキックは2つ打ちですよね。

テンポが速い曲ではありますが、ツインペダルができるだけでここまでの曲が叩けるようになるんです。

初心者におすすめのツインペダル

 安いツインペダルでも十分使える!

ツインペダルは何種類もあって購入に迷うと思います。

ですが、初心者の方であればハイグレードモデルのツインペダルを買う必要はないでしょう。

こちらは、僕が昔使っていたツインペダル。

価格も2万円を切りますし、クセがなく、誰でも使いこなせるオールラウンドタイプです。

初心者の方は、1~2年はこちらで練習することをおすすめします。

いきなり高額なツインペダルを買わないほうが良い理由

最後に、いきなりハイグレードモデルを購入しない方がよい理由も説明しておきます。

正直、ハイグレードモデルは性能が素晴らしいです。

しかし、クセが強く、初心者の人がいきなり使うとかなり苦労するでしょう。

もちろん今は便利な時代なので、自宅にいながら楽器を売ることはできますが・・・。

何はともあれ”お気に入りのアーティストが使っているから”というような理由で、5万円以上するツインペダルを購入するのは以ての外。

プレイスタイルが決まる前はオールラウンドタイプのものを使って、「どういったドラムを叩きたいか」定まってきてから、ハイグレードモデルを購入することをおすすめします。

ツインペダルを使って、周りをアッと言わせよう!

今回紹介した練習方法は、正直ツインペダルの基礎中の基礎です。

ですがツインペダルが叩けるというだけでも、周りに相当な差をつけることができます。

手2足2という非常にシンプルなコンビネーションですが、無限に応用できるので、しっかりとマスターしておきましょう!

関連記事

【3連符/6連符の応用編】休符のある変拍子も語呂合わせで叩こう!

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れま...

スティックトリックを身につければドラムパフォーマンス力UP!マンネリ練習のスパイ...

ドラム練習マップ上級編

ドラムを13年続けて見えてきた”イメージトレーニング”の重要性

ドラム上達の近道!ストーン・キラーにアクセントを加えてみよう!