ローランド・ヤマハ・aDrumで”おすすめ”は?電子ドラム徹底比較【Roland/YAMAHA/ATV】

電子ドラムでRolandYAMAHAATV(aDrum)おすすめは?


電子ドラム買いたいけど、どれがおすすめなの!?

有名な電子ドラムはローランドとヤマハだよね。あっ!最近はaDrumsも人気みたいだよ!

電子ドラムで注目されているメーカーは、

  • Roland(ローランド)
  • YAMAHA(ヤマハ)
  • ATV社のaDrums

ご存知の通り、上記の3社。

しかし、いざ購入するとなると「どれを買えばいいのか?」と迷ってしまいますよね。

しかも電子ドラムは高額商品。

できれば購入後に「あっちにしとけば良かった…。」と後悔したくないものです。


そうならないためには、情報収集が肝心。今回は、僕の電子ドラムに関する自論を紹介します!





おすすめ電子ドラムメーカー徹底比較 !


最近の電子ドラムは「プロのステージ」でも使われるほど性能が高いです。でも、一体どれを買えば良いのでしょうか?

電子ドラム3大メーカーに「ハズレ」なし!

はじめに言ってしまいますが、Roland(ローランド)・YAMAHA(ヤマハ)・aDrumsであれば、どれを買っても後悔はしないはずです。

どのメーカーもクオリティーが高く、満足のいく自宅練習ができるでしょう。

ですが、各メーカーそれぞれに特色があるのです。

「メーカーの特色」を知るのが重要!

そこで、今回は

・見た目/サウンド
・打面感/機能面
・ならではの特徴/強み

の以上3点から3社を比較したいと思います。


「Roland(ローランド)・YAMAHA(ヤマハ)・aDrums」どれを購入するか迷っている人、これから電子ドラムが欲しい人はぜひ参考にしてみてください。

プロのステージでも使われるRolandの電子ドラム

ゴージャス感すら漂うV-drumシリーズ


(引用:https://www.roland.com/)

電子ドラムの帝王と言っても過言ではないRolandのV-Drumsシリーズ。

機能性の高さはもちろん、ステージ上でも衰えないゴージャスさが売りの電子ドラムです。

V-Drumsシリーズで良いものを買おうとすると¥450,000~とかなり高額になりますが、プロのステージでも使われるほどなので当然かもしれませんね。


ある程度の品質を求めるのなら、こちらのTD25シリーズからになると思います。

スネア・バスドラは忠実に再現&多様な音源モジュール

V-Drumsシリーズの強みは、メッシュヘッドがあることです。

価格によってはゴムパッドになることもありますが、ハイグレードになればなるほど、スネア・バスドラがよりリアルなものへと近づいていきます。

さらに、音源モジュールは、多種多様な音色があることはもちろん、USBが取り付けられたり、チューニングできたり、自分専用のドラムセットにカスタマイズできたりと、自分の思い通りの電子ドラムへとカスタマイズすることが可能です。


自分専用のオリジナルキットを作ったり、好きなドラマーのセットを忠実に再現できたりするので、とっても楽しいですよ!

ここがおすすめ!iphoneアプリに対応で”ネットバトル”も!

ローランドは世界的な会社だけあって、様々な試みをしています。

その1つが「アプリケーション」です。

AirRecoderというアプリに繋いで録音したり、Roland Friend JamというRolandのアプリを使って世界中のドラマーと演奏技術を競い合うこともできます。


残念ながら2018年3月31日にRolandFriendJamは終了してしまいました…。

安定のクオリティ!YAMAHAの電子ドラム

スターターキットあり!初心者におすすめの電子ドラム

初心者ドラマーは10万円以上もする電子ドラムを購入する必要はないと思います。

「でも、10万円以下の電子ドラムではクオリティが低そう…。」

そう思われたかもしれませんが、YAHAMAの電子ドラムは10万円以下でも、十分なスペックのものが販売されています!


こちらのスターターキットでも十分なクオリティ。しかも耐久性もGood!僕はYAMAHAの電子ドラムを10年前に買ったのですが、未だに壊れることなく使えていますよ!

RolandaDrumの中間というイメージもあるが…?

率直に言いますが、ハイクオリティーの電子ドラムを求めるのであればYAMAHAの電子ドラムを購入するのはオススメしません。

なぜなら、Roland(ローランド)とaDrumsが凄すぎるからです。

ですが、YAMAHAも素晴らしいメーカーです。

先ほど紹介したように、低スペックのものでも10年以上一度も壊れることなく未だに使えます。

初心者の時は力任せに叩き、高校生の頃は1日中叩く日もあったのにですよ。


僕は身を以てYAMAHA電子ドラムの品質の高さを実感しています。この「耐久性」の高さは、今からドラムを始める初心者の方に自信を持っておすすめできますね!

最近キテいる!ATVの電子ドラムもおすすめ!

リアルな”サウンド”と”見た目”を追求した最新電子ドラム

2017年、電子ドラム界に衝撃を走らせたATV社のaDrums。

Roland創業者の遺伝子を引き継ぐメーカーなだけあって、電子ドラムにかける想いは並ではありません。


まず見た目がドラムセットそのもの。僕も試打させてもらいましたが、 叩く前から「これが電子ドラムなの!?」と思ったほどです。

ここがおすすめ!全打面メッシュ&世界初3点方式センサーを搭載

そして、いざ叩いてみて気づいたのは「リアルなサウンド」。まさに圧巻の一言でした。

このリアルなサウンドを作っているのは、3点式センサーにあります。

今までの電子ドラムは、中心にセンサーがあったため中心に近い部分を叩くとセンサーが反応し、大きな音が出るように作られていました。

しかしaDrumsは3点のセンサーを持っているので、どこを叩いてもアコースティックを叩いた時のようなベロシティーになるように調整されています。

3点センサーを搭載することで、円形であるドラムの構造を上手く再現したんですね。

ここがおすすめ!音源モジュールをダウンロード可能!

さらに、それだけではありません。

ATV公式サイトから音源モジュールをダウンロードすることが可能なのです!

従来の電子ドラムは、音源モジュールに入れてある音しか出せませんでしたが、aDrumsは今後自分好みの音源モジュールへ拡張していくことができるのです。


価格は30万以上する高級品ですが、お宝ビンテージドラムの音を、自分の音源モジュールにダウンロード可能。さらに、その音のまま宅録までできるので、クリエイターの方にはたまらない電子ドラム!

まとめ:RolandYAMAHAATV(aDrum)は使い手次第!

今まではRolandのV-Drumsシリーズが上級者向け、YAMAHAの電子ドラムがいいとこ取りをしていたイメージでしたが、aDrumsの登場で、この神話が崩れました。

もちろんどのメーカーも良い部分、悪い部分があります。

ですので「自分が電子ドラムに何を求めているか」がかなり重要になってくると思います。


ちなみに僕は、次に購入するなら間違いなくaDrumsを選びます。それぐらい革命的な電子ドラムだと思っています。