持ち運びドラムセット”Traps(トラップス)”価格や評判をまとめてみた

手軽に持ち運び可能なドラムセット”Traps(トラップス)”


ストリートパフォーマンスやってみたいけど、ドラムは持ち運びが不便だし…。諦めるしかないか…。

そんなことないよ!Traps(トラップス)って知ってる?

簡単・コンパクトに持ち運べるドラムセットTraps(トラップス)

持ち運びが困難なドラムセットの革命児として、一時話題となりました。

  • ストリートパフォーマンスをやりたいドラマー
  • コンパクトなドラムセットが欲しいドラマー
  • 海や山にドラムセットを持って行き、叩きたいというドラマー

Traps(トラップス)があれば、このような夢も叶いますよ。


折りたたみもできるので軽自動車でも持ち運びOK!ありそうでなかった、かゆい部分に手が届くような夢の商品です。




まずは”Traps(トラップス)”について動画で確認


世界一のドラマーを決めるコンテストDrum Offで優勝した”Juan Carlos Mendoza”が演奏しています。上手すぎる・・・!

一部では「ドラムではない!」と言われてきたが・・。

動画を見て、皆さんはどう思われましたか?

確かにドラムが薄い分、音の深みが無いと言われても仕方がありませんが…。

僕は、Traps(トラップス)独特のパリッとした音色、結構好きです。

Traps(トラップス)は、どれぐらいコンパクトになるの?

(引用:http://www.applecorejapan.com/trapsdrums/about.html)


専用のケースに入れて車で運ぶこともできますし、折りたためばソファーと壁の隙間にしまうこともできます!Traps(トラップス)についてさらに詳しく知りたい方は公式サイトをご確認ください!

Traps(トラップス)の価格や評判

Traps(トラップス)の価格は?

通常の値段は¥102,600-ですが、アマゾンでは7万円で販売されていますね。

※シンバル類は含まれていません

Traps(トラップス)の評判は?

Traps(トラップス)はオモチャと考える人と、ドラムセットと考える人と真っ二つに別れる商品です。


スネアは両面にヘッドが貼ってあるが、タム類は片面ヘッドなので音の深みがない。

野外イベント用として重宝してます。かさばらないので収納面でも助かります。

持ち運びが簡単にできるので、どこでも持っていくことができます!

まとめ:使う目的次第で意見が別れるドラムセット

やはり「音を大事にするか、持ち運びを大事にするか」で大きく意見が別れますね。

確かにTraps(トラップス)をメインドラムにすることはオススメしませんが、2代目のドラムセットや、持ち運び用として持っておくのは良いと思います。

冒頭でも触れましたが、

  • ストリートパフォーマンスをやりたいドラマー
  • コンパクトなドラムセットが欲しいドラマー
  • 海や山にドラムセットを持って行き、叩きたいというドラマー

のように、目的がハッキリしているのであれば、とても役立つドラムセットではないでしょうか。