初心者ドラマーがスタジオ練習で絶対やってはいけない「5つ」のこと

初心者ドラマーがスタジオ練習でやってはいけないこと?


音楽スタジオでドラムを叩いてみたいけど、一体何をしたらいいんだろう?

私も予約したけど、初めて使うときは緊張するよね…。そもそも「ルール」も分からないし…。

僕は初めてスタジオを予約する時、緊張しすぎて電話越しで無言になり、何も言わずに切ってしまったことがあります…笑

その後もちろん謝罪の電話をかけ、無事予約ができたわけですが、何事も初めてのことは緊張しますよね!

特に、音楽スタジオとなると「そもそも何やっていいの?」「正しい機材の使い方なんて分からない」と悩んでしまうのではないでしょうか?

でも正直いつまでも、このような状態になっていてはいけません!


そこで今回は、初心者ドラマーがスタジオでやりがちなNG行動を5つ紹介します。お店も自分もお互い気持ち良く利用するために参考にしてみてください!




初心者ドラマーがスタジオ練習でやりがちな5つのこと


これをやったらお店から嫌われる!NG行動を5つ集めてみました。

NG①時間いっぱいスタジオ練習してしまう

一番大切なのは「時間割をしっかり守る」ことです。

音楽スタジオは、基本的に1時間ずつ借りられますが、1時間丸々演奏しているとタイムオーバーになります。

というのも「準備・片付け」があるからなんですね。

しかも、ドラムセットの準備・片付けは大変で上級者でも前後5~10分は使うものです。


次に使う人が待っていることがほとんどなので、心配な人は片付けを5分前に終わらせることを徹底してください。

NG②使った物を「そのまま」にしてスタジオを退出する

普段の生活もそうですが、スタジオも最初あったセットの状態にして退出することがエチケットです。

これはスタジオによって様々ですが、

  • タムを3点式にする
  • シンバルの角度
  • ペダルをバスドラムから外す

など、ルールがあります。


「ルール」に関しては、スタジオ内に張り紙がされている場合が多いですが、分からない場合はお店の方に聞くことを忘れずに!

NG③ネジ類を強く締めすぎてしまう

ドラムのセッティングでは、ネジ類を締める必要があります。

でも、そのねじ類を強く締め過ぎてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

当然、ネジ周りが痛み壊れやすくなってしまいます…。


ねじを強く締めすぎると、叩いた時の力ネジ部分に集まりやすくなり、ドラムセットの劣化が早くなってしまいますので、程よい力で締めましょう。

NG④ネジ類をしっかり締めずに叩く

先ほど「ねじは締め過ぎてはいけない」と言いましたが、逆にネジをしっかり締めずに叩くのもNGです。

そして、基本的には手で締められるネジが多いですが、中には六角ネジでないと締めれないものがあるので、チューニングキーを常備しておきましょう。


チューニングキーは無くしがちなので、2.3個持っておくことをオススメします。
極たまに、メンテナンスの行き届いていないスタジオは、ドラムのチューニングが緩んでいるなんてことがあります。

ダルんダルんの状態で叩いていたら、ドラムヘッドはもちろん、ドラムセットにも悪影響なので、チューニングして上げたくなりますが….。

勝手にチューニングするのもNG!直ちにお店の人に知らせましょう!

NG⑤分からないのに、人に聞かない

スタジオを借りると、分からないことがたくさん出てきます。

ドラムのセッティング方法」だったり「ミキサーを使ってPC/スマホから音楽を流したい」という人もいるでしょう。

そんな時あなたならどうしますか?

もし分からないことがあったら、すぐにお店のスタッフに聞きましょう


基本的にお店の方は優しく教えてくれますよ!何事も恥ずかしがらず、分からないことは人に聞きましょう!

まとめ:スタジオの使い方は、早いうちに学ぶべし!

今回は5つのやってはいけないことを紹介しましたが、他にもまだまだあります。

ですが、まずこの5つを守っておけば問題ないでしょう。


人は失敗から多くのことを学ぶものです。初心者のうちにたくさん失敗して、いろんなことを吸収していきましょう!