ドラムスティック回しが上手くできない!?簡単にできる練習動画3選!

カッコいい”スティックの回し方”


ライブでかっこよくスティックを回したい!

そもそも、やり方が分かんないわ・・・。

器用な人なら、サラッとできてしまうペン回し。

ライブでできたらカッコいいですし、回しながら叩いているドラマーって憧れますよね。

なんだか簡単そうにやっているようですが、実は、そういったドラマーも陰で練習しているものです。

しかし、そういったドラマーは「自己流」でやったりはしません。なぜなら、自己流で闇雲にクルクル回す練習は時間がかかるし、間違った方法だったりするからです。

しかも自己流の回し方は、見た目が汚かったりします。

もしかしたら、あなたも間違った方法を繰り返しているかも・・・。

そこで今回は、カッコいいスティック回しを習得するために「厳選スティック回し動画」を3つ紹介します。

自分がかっこいいと思ったものを見つけ 「1つだけ極める」ことで、あなたもかっこいいドラマーに早変わり!

ぜひ、どれかお気に入りの動画を見つけ、練習に励んでください!




オススメスティック回し動画3選!

では、早速おすすめ動画を紹介していきます。

①高速スティック回しで、ライブ映え抜群!

「高速スティック回し」ってこんなにカッコいいんですね・・・!

やり方もシンプルですので、少しずつ動きにならして徐々にスピードアップさせていきましょう!

②ビートを叩きながらスティック回しをしたい方向け!

スティックトスと、スティックスピンを組み合わせて、8ビート叩いている動画です。

英語の動画となっていますが、丁寧に解説してくれているので、英語アレルギーの人でも問題ないかと思います。

③どのスティック回しが良いのか分からない!という方向け

こちらは、なんと14種類ものスティック回しを紹介してくれています。

動画自体も3分未満でサクッと見れますし、スティック回しの名前も紹介してくれているので、「自分が極めたい!」と思うものが見つかることでしょう!

簡単にスティック回しが上達する練習方法

当たり前のことですが、案外忘れられがち。

さて、練習中どんなことが忘れられがちなのでしょうか?

おすすめ練習方法①:1つのスティック回しを極める!

1つ目のオススメ練習方法は「1つのスティック回しを極める!」ということです。

先ほど14種類ある動画を紹介しましたが、あれを同時並行で全部やっていたら・・・。

器用なドラマーでも、膨大な時間がかかってしまいそうです。

まずは、「1つのものを極めてから次のものへ。

徐々にステップアップしていきましょう!

おすすめ練習方法②:動画を撮って客観視する!

2つ目のオススメ練習方法は「動画を撮って客観視する!」ことです。

というのも僕自身、スティック回しが苦手でした。ずっと自己流でやっていたんですよね。

そしてあるライブの日、自己流のスティック回しをやっていたところ・・・。スティックを落としてしまいました

なんとかライブは終わり、控え室に入って反省タイムをメンバーとしていると「前から言いたかったんだけど、スティック回し、ちょっと汚いよ!笑」と言われました・・・。

かなりショックでしたね笑

でも、こうなってしまったのには原因があります。それは言うまでもなく「自己流」だったからです。

①スティック回しの軌道が悪く、汗で滑りやすくなる

②軌道が悪いため、見た目も汚い

最悪ですね!

こうならないためにも、「自分がカッコいい」と思ったスティック回しを見つける。

そして、その回し方と自分の回し方のどこが違うのか、日々チェックするために動画を撮ることをオススメします!

スティック回しを極めて、かっこいいドラマーに!

スティック回しをアレもコレも・・・とやっていると、どれも中途半端になってしまいます。

しかも、スティック回しに気を取られすぎて、肝心のドラムの練習時間がなくなってしまう。なんてことも・・・。

なんども繰り返しますが、まずは、1つを極めることをオススメします。

周りを「すごい!」と思わせるほど極めて、ライブ中にアッと言わせてやりましょう!

関連記事

【実践編】 これだけは絶対身につけたいパラディドル3選

変拍子リズム(3/5/6/7/9連符)は”語呂合わせ”でカンタンに克服しよう!

【中級者向け】ドラムの基礎練習(チェンジアップ)から見直そう!

ドラム練習マップ中級編

ドラムの表現が大幅にUP!脱初心者に向けて”ダブルストロークロール”を練習しよう...

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れま...