グルーヴに悩むドラマーはsteve jordanの教則DVDを見てグルーヴを学ぼう!

「グルーヴとは?」と悩む全ドラマーに見て欲しい!


グルーヴって何!?ネットで調べても答えなんか出てこないし…。

まさに僕がドラムを始めた当初は、このような考えを持っていました。

特に高校生の頃はテクニック重視で、カッコイイと思った複雑なフレーズをコピーだけの毎日。

グルーヴのことは二の次でしたし、正直今でも”グルーヴ”について語ることは苦手です。

というのも”グルーヴ”という言葉は奥が深く、心の中で「このドラマーのグルーヴ心地イイな!」って思っても、言葉にしようとすると、なんだか陳腐な意味合いになってしまうので、いつも心の中だけに留めてしまいます。

皆さんはどうでしょうか?

グルーヴって何なのか説明できますか?


もし「グルーヴは感覚的なものなので、しっくりくる答えがこない。」と悩んでいるのなら今回紹介するスティーブ・ジョーダンの教則DVDから”グルーヴ”を学んでみることをオススメします。




スティーブ・ジョーダンとは?


ドラマーなら誰もが知るグルーヴの神様”スティーブ・ジョーダン”。こちらはDVD内で行われているセッションのワンシーンなのですが、シンプルなビートなのに自然と身体を動かしたくなりませんか?

もともとは手数の多いフュージョン系ドラマーだった?

スティーブ・ジョーダンと聞くと「3点セットでグルーヴの乗ったシンプルビートを叩く」イメージが強いですが…。

実は、もともと手数の多いフュージョン系ドラマーだったそうです。

DVD内でも紹介されていますがベースを演奏していたり、作曲家だったり、音楽プロデューサーだったりと非常にマルチに活躍されています!

教則DVDの内容ついて


グルーヴと言う概念をスティーブ・ジョーダンの言葉を通して聞けるのはかなり貴重。ちょっとしたニュアンスを理解するためにも、英語を勉強したいと思うレベルです。

スティーブのグルーヴへの思いが詰まったDVD

こちらのDVDはスティーブ・ジョーダンが考える「グルーブとは何か」ということを演奏や話を交えておしえてくれます。

他のミュージシャンとの対談を通して「音楽そのものの考え方」を知ることもできます。

言葉、映像、音・・。

様々な伝達ツールを介して「グルーヴのヒント」を伝えてくれていますが、最終的にどう思うかはあなた次第です。

僕は10回以上はこのDVDを見ましたが、毎回新たな発見や、前回と違った考え方にたどり着きます。

技術的な内容はほとんどありませんが「ドラマーとは何か?ミュージシャンとは何か?」を自分の言葉で考えたい人は、何かしらのヒントをもらえると思いますよ!

ここがチェックポイント!

①シンプルビートがかっこいい!セッションは必見!

何と言っても、スティーブ・ジョーダンのドラムは「かっこいい」です!

「Simple is best」と言う言葉そのものと言っても過言ではないかもしれません。

ちなみに僕は昔、メタルバンドを聞くことが多く「複雑なビートやフィル=かっこいい」という考え方を持っていました。


ですが、このDVDを見てから「無」の素晴らしさに気づき、僕の中で「パラダイムシフト」が起こりました…。少々大げさですが…。笑

メタルのようにスピーディーでテクニカルなドラムもかっこいいですが、間を持たせ「無の時間」をいかに表現できるかで音の音色は劇的に変わります

言葉で表現するのは難しいですが”自然と体を動かしたくなるような音”は「無」を非常に上手く使っていると思います!

②セッティングや、様々な角度からのカメラアングル

ドラマーにとって、上手い人のセッティングは気になりますよね。

このDVDでは手足をクローズアップしたアングルで撮影されているため、スティックワークはもちろん、フットワークを間近で見ることができます。

特に、3点タイプのドラムセットを使っている人は、彼ならではのセッティングはかなり参考になると思いますよ!

③「上手くなるため」の教則DVDではない!

このDVDにはテクニックや練習方法を教える内容は含まれていません。

と言うのも、スティーブ・ジョーダンは”心の内面”や”気持ち”と言うものを大切にしており、それを「いかにしてドラムで表現するか」ということを考えているアーティストだからです。

DVDの中で、スティーブはこのようなことを語っています。

「人間でしか叩けない・表現できないドラムをいかにして生み出しているか?」

④ドラム以外の楽器を演奏することのススメ

スティーブは他の楽器を演奏することも勧めています。

ベース・ギター・ピアノ・ボーカル…。

自分の好きな楽器を選んで他のドラマーとセッションしてみると、思わぬ発見があるとのこと。

それだけでなく「バンドでのドラマーの役割は何なのか」このDVDを通して考え方がガラッと変わることでしょう。


ドラムを客観視できる良い機会になるので、ぜひ一度挑戦してみてください!

⑤彼の言葉を通して”ドラマーはどうあるべきか?”を考える

このDVDは、スティーブ・ジョーダンの「音楽哲学」そのものです。

例えば、彼は冒頭で「太鼓は昔から“伝達”のために使われてきたし、今でも“伝達”のためにあるんだ。」と教えてくれますのですが….。


僕は、この言葉が大好きです。”グルーヴとは何か?”という答えが詰まっているようにすら感じます。

他にも「ドラムに対してこんな考え方をするのか!」といったヒントやスパイスが目白押し。

音楽は感覚で楽しむものですが「言葉」で表現するのもとても楽しいものですよ!

まとめ

このDVDは、セッションや対談が多く「テクニックをつけたい!」といったドラマー向けではありません。

しかし、”グルーヴ”に対して少しでも疑問があるのであれば、購入することをオススメします。

彼の言葉を汲み取って「グルーヴとは?」と考えることもできますし、セッションからはドラムを通して伝わる”言葉”を聞くこともできます。

65分間で”自分なりのグルーヴの答え”が見つかるかもしれませんよ。


何回見ても見飽きない。シンプルなドラムフレーズなのに、踊りだしたくなる。教則DVDでありながら、ドキュメンタリーでもある、とても素敵なDVDです。