EDM好き必見!ドラムの革命児”マット・マグワイア”がカッコよすぎる!

”ドラム”に対してどんなイメージがありますか?


ドラムといったら「縁の下の力持ち」のリズム隊で、裏で支えているイメージ。

かっこいいけど、ギターやボーカルほど目立たないポジションかな〜。

こういったイメージを持っている方も少なくないと思います。

そこで、今回はこのイメージを払拭するために”マット・マグワイア”というドラマーを紹介します!


ドラムは「ソロでもかっこいい楽器」です!ぜひ一度、マット・マグワイアのパフォーマンスを動画でご覧ください!




世界中から注目を集める”EDM”と”ドラム”の融合


Calvin HarrisのHow Deep Is Your Loveのドラムカバーです。EDMと言ったら”電子音”のイメージが強いですが、ドラムと組み合わせるとこんなにカッコよくなるんですね・・!

ドラマー:マット・マグワイア(Matt McGuire)とは?

ドラムを叩いているのは”マット・マグワイア(Matt McGuire)”という方。

2004年に、マイケル・ジャクソンを初め数々の有名アーティストのレコーディングに携わったレオン・チャンクラー (ドラマー、パーカッショニスト)と演奏しプロデビューした、オーストラリア出身の若手ドラマー。

20代ながらも、現在EDMのドラムカバーした動画で注目を集め、世界中から注目されています。


テクニックはもちろん”ドラムの叩き方・見せ方”が革命的。プロドラマーが憧れるぐらいカリスマ性の高いドラマーです。

H.H.を両サイドにセッティングして全身を使って叩くプレイスタイルは、一度見たら忘れられないほどパワフルでカッコいい!!

YouTubeチャンネルは合計1億ビュー!(2017年7月現在)

話題のEDMに合わせて叩いていることもあって、様々な層から注目を集めています。

YOUTUBEチャンネルはもちろんのこと、

  1. instagram
  2. 公式サイト
  3. Twitter

様々な媒体を使って発信していますので、気になる方はフォローすることをおすすめします!

最近のドラムコンテストでも、ドラムセットと電子パッドを組み合わせるスタイルをよく見かけますが、マット・マグワイアは最先端そのもの。

今後はバンドよりも「打ち込みとドラム」を組み合わせて表現するアーティストが出てくるかもしれませんね!

ザ・チェインスモーカーズのサポートドラマーを担当!


マット・マグワイアは、2014年「#SELFIE」で大ブレイクした”ザ・チェインスモーカーズ”のサポートドラマーをしたことも!

EDMヒットメーカー:チェインスモーカーズとは?

説明不要かと思いますが、チェインスモーカーズは世界が認めるカリスマDJユニットです。

新曲を発表すれば全米チャート1位。数々の音楽賞も総なめ。

日本でも人気が高く、お店のBGMにもよく使われていますし、クラブの定番曲でもあります。


EDMを普段聞かない人でも、どこかで聞いたことがあると思います!2016年にはサマーソニックに出演したことでも知られていますよ。

チェインスモーカーズの代表曲を少しだけ紹介!


「#SELFIE」はYouTube再生数4億回超の大ヒット曲!この曲を無料リリース後、スティーブ・アオキのレーベルDim Makの目に留まり、ザ・チェインスモーカーズのデビューのキッカケとなった代表作です。


coldplayとのコラボ曲。こちらも名曲ですね!

マット・マグワイアは、これからも注目のドラマー!

マット・マグワイアを見て、どのように感じましたか?

知らなかった人は、ドラムの印象が180°変わったのではないでしょうか?

DTMの登場でドラマーの存在意義が問われた時代もありましたが、やはりドラムは人が叩いているからかっこいい。

皆さんも、彼のパフォーマンスを参考にして、自分のプレイに取り入れてみてはいかがでしょうか。


マット・マグワイアは、これからも確実にドラマーの先駆者になるので、今後も注目していきたいですね!