トリッキーなドラム練習方法を紹介!リバウンドの大切さを知ろう!

みなさんはどのように練習していますか?


スタジオに行って、ドラムセットで練習してるよ

自宅で電子ドラムや練習パットを使って練習してるよ

人それぞれ練習方法は様々だと思いますが、今回は普段の練習に飽きてしまったという方に向けてトリッキーな練習方法を紹介します。

リバウンドの重要性に焦点を当てた練習方法となっていますので、よかったら参考にしてみてください!

まずはスティックのリバウンドから!

そもそもなぜ”リバウンド”が大切なのか?

普段ドラムの練習をするときは「ドラムセット」や「ゴムパッド」だと思います。

しかし、いつも同じもので練習していると初めて使うドラムセットに違和感を覚え「いつも通りの演奏ができない・・・!」といったことがあるのではないでしょうか。

こういったことが起きてしまう原因は色々と考えられますが、大きな原因としてリバウンドがうまく拾えていないからです

いつも使っている練習セットだけで、リバウンドがうまく拾えるのではなく

あらゆるドラムセットで、いつもの調子で叩けるようになりましょう!

リバウンドトレーニングとして、色々なものを叩いてみる!

色々なドラムセットを叩きまくるのもOKですが、ドラムセットではなく色々なものを叩いてみましょう

  • 硬いもの
  • 柔らかいもの
  • 凹凸のあるもの
  • 金属製のもの

机、本、ガラスなど、なんでも良いので叩いてみると新しい発見がありますよ。

1番オススメなのが枕!

枕は反発力が少なくリバウンドを拾う練習としてオススメです。

この練習方法はバディ・リッチがやっていた練習としても知られており「反発の少ないもので叩ければ、ドラムセットで楽に叩けるようになる!」という名言まであります!

バディリッチ(Buddy Rich)の凄さは、動画を見るべし! 歴代最強、ドラムの神と言われる男「バディ・リッチ」 ドラ...

今の時代は、お金を出せばドラムパッドが手に入りますが、

バディ・リッチが若い時は、ドラムパッドを買って練習するなんて贅沢だったと思います。

このように、ドラムが好き故に”試行錯誤”してできた練習方法のほうが個人的には好きですね!

次にペダルのリバウンド!

ペダルを調節してみる!

そもそもペダルを調節することはありますか?買ったままという方も少なくないと思います。

そこで、ペダルを掃除がてらペダルを調節してみましょう

基本的なこととして

  • スプリングの強弱
  • ビーターの長さの調節
  • フットボードの調節
  • ネジやチェーン部分に油を注いで滑りを良くする

といったことが挙げられます。

一度自分の踏みやすい・リバウンドを拾いやすいペダルにセッティングしておけば、なかなかズレることがないので楽チンです!

電子ドラムの方はバスドラに”タオルを巻く”のもオススメ

僕は以前、YAMAHAのDXPLORERを使っていました。

その時

  • ゴムパッドなので、リバウンドが強い
  • 壊れるかもしれないという不安
  • ビーターが汚れる

こういった悩みがありました。

そしてネットを見てみると”タオルを巻く”方法を試している人が多い

実際にタオルを巻いてみると、上記の悩みは解消されました。

ビーターを変えてみるのも良いですよ

ビーターも様々で

  • フェルトタイプ
  • ウッドタイプ
  • プラスティックタイプ

など色々あります。

音色が変わるのはもちろん、リバウンドもかなり変わってくるので自分にあったものを探してみては?

まとめ

今回は、リバウンドを上手く活かすために必要な練習や方法を紹介しました。

リバウンドを上手く使えることで、ドラムの上達にかなり役立つので是非練習に取り入れてみてください!

関連記事

スティック使わずドラム練習!4ウェイ・オルタネート・トレーニングとは?【MI J...

ドラム練習マップ中級編

変拍子リズム(3/5/6/7/9連符)は”語呂合わせ”でカンタンに克服しよう!

【中級者向け】ドラムの基礎練習(チェンジアップ)から見直そう!

ドラムスティック回しが上手くできない!?簡単にできる練習動画3選!

【実践編】 これだけは絶対身につけたいパラディドル3選