オススメ12選【最新版】ドラム練習パッド徹底比較しました!

ドラム練習パッドのおすすめ12選しました!


ドラムパッドも種類がありすぎて、どれを買えば良いのか分からない…。

先輩におすすめされたパッドを買ってみたけど、大きくて持ち運びが大変…。もう少し小さいパッドはないかな?

ドラムを練習する上で必須アイテムであるドラムパッド。

中には雑誌やダンボールで「自作」するなんて言う人もいますが、パッド1つでも色んな悩みがあると思います。

特にドラム初心者の方は「どのパッドを買えば良いのだろう?」と、悩んでいるかもしれません。


そこで今回は、ドラムパッド徹底比較記事を作成し、おすすめのパッド12個選んでみました!

様々なドラムパッドがありますので、自分の練習目的に合わせて使い分けることをおすすめします。




ドラム練習パッドの選び方①「打面」について


練習パッドのパッドには様々な素材が使われています。練習の目的によって使い方も変わるので、まず初めにこちらを確認しておきましょう。

まずはパッドの「打面の素材」について知る

ドラムパッドを購入する上で、まず初めに考慮する点は打面の素材です。

打面の素材は大きく分けて

  1. ラバータイプ
  2. メッシュタイプ
  3. プラスティックタイプ

があります。


素材によって叩いた感覚が大きく異なるため、それぞれメリット・デメリットがあります。

「練習パッド」と「ドラムセット」のレスポンス感の違いだけでなく、消音効果や、コスト壊れやすさも関係してくるので、しっかりと確認しておきましょう!

①ラバータイプの練習パッド

1つ目はラバータイプ。名前の通りゴム製のドラムパッドです。

比較的消音効果が優れているパッドで、タオルを一枚被せれば夜中に練習していても騒音問題にはなんでことも。

 


有名なラバーパッドはEVANS社のパッド。リバウンド性能に定評のあるメーカーです。


上記のパッドは7インチと小さめですが、¥3,456で購入できるのでかなりおすすめです!

②メッシュタイプの練習パッド

2つ目はメッシュタイプのドラムパッド。

  • 消音効果
  • リバウンド性能

共に高く、練習パッドの中でも特に人気です!


こちらのメッシュパッドは¥5,184とやや高額ですが、リムが付いているので様々な練習に役立ちます!消音性も高いので、夜中に練習したい時におすすめですね!

滅多にありませんが、叩き方によってはメッシュが破れてしまうこともありますので、ロック系ドラマーにはおすすめしません…。

③プラスティックタイプの練習パッド

3つ目はプラスティックタイプのドラムパッド。


3つ素材の中で1番レスポンス感が好みなので、僕一押しの素材です!

プラスティックタイプのパッドなら、こちらがおすすめ!¥9,720と高額ですが、チューニングキーでテンションを変えられるので好みのレスポンスに調整可能です!

ただ消音効果は0に等しいです…。夜中に叩いていたら間違いなく苦情が来るレベルなので「自宅練習可能」な方だけにおすすめします。

ドラム練習パッド「打面」まとめ

ラバータイプのドラムパッド

打面(★★★★☆)ゴムのためやや強めのレスポンス。メーカーによって異なる。
消音性 (★★★★☆)良好。タオルを被せれば夜間練習も可。
コスト (★★★★☆)安価。サイズに比例して高くなる。
耐久性(★★★★★)壊れる心配なし。10年以上使えることも。

「とりあえずパッドが欲しい!」と言う方はラバータイプがおすすめ!これを買っておけば間違いありません!

メッシュタイプのドラムパッド

打面(★★★★★)レスポンスがとても良い。
消音性(★★★★★)夜間練習も可能。マンション住みの方にもおすすめ。
コスト(★★★☆☆)やや高額。
耐久性(★★☆☆☆)激しく叩くとメッシュが破れてしまう。

耐久性が低いため、ロックドラマーにはおすすめできませんが、繊細なドラムを叩く方や、ジャズドラマーにおすすめです!

プラスティックタイプのドラムパッド

打面(★★★★★)3つの素材の中で一番良い。
消音性(★☆☆☆☆)皆無。夜中に叩くと自宅からも苦情が来るレベル。
コスト(★★☆☆☆)スタンド付きのパッドが多いため、比較的高価。
耐久性(★★★★★)壊れる心配なし。

個人的に一番おすすめのドラムパッド。叩くとパーカッション並みの音が出ますが「練習に特化したパッド」だと思っています。

ドラム練習パッドの選び方②「機能面」について


パッドの素材の違いが分かったら、次は「ドラムパッドをどのように使いたいのか?」目的をハッキリさせましょう!

練習パッドの”機能面”を考えよう!

次は、ドラムパッドの機能を考えましょう。

ドラムパッドにも種類がたくさんあるので「こういうパッドが欲しかった!」というものが見つかったりします。

ざっくりと分けてみますと

  1. 持ち運びができる
  2. ドラムスタンドがついている
  3. ウレタン素材のもの
  4. その他(変わっているもの)

があります。


購入する前に「自分がパッドを使ってどんな練習をしたいか?」明確にしておくことをおすすめします。

これら機能面にもメリット・デメリットがありますので詳しく紹介します!

①持ち運びができるトレーニングパッド

旅行や出張先の時にも「練習したい!」と思う熱心なドラマーにはコチラ。

持ち運びに特化したドラムパッドがおすすめです。


こちらのトレーニングパッドは6インチとかなり小さく、¥3,996で値段もお手頃。

ラバータイプでレスポンスはやや硬めです。女性が片手で掴めるほど小さいので、カバンに入れてもかさ張りません!

②スタンド付きのトレーニングパッド

スタンド付きのパッドは、リアルに近い練習ができるのでおすすめです!


ラバータイプ、メッシュタイプ、プラスティックタイプ全てありますので、おすすめの商品をピックアップしました。

ラバータイプのスタンド付きパッド


YAMAHAのスタンド付きパッド(¥5,292)。8インチと小さめなので、細かい練習が可能です。また収納も嵩張らないと言うメリットもあります。

メッシュタイプのスタンド付きパッド


Pearlのスタンド付きパッド(¥10,584)。高額商品ですが、リムとテンションボルトが付いているので、様々な練習に対応可能です!

プラスティックタイプのスタンド付きパッド


Pearlのスタンド付きパッド(¥13,500)。こちらもリムとテンションボルト付き。かなり高額ですが、現在5000円近く割引されていますよ!(2018年時点)

③ウレタン素材のトレーニングパッド

ラバーパッドは反発が強すぎる!」という方におすすめなのが、ウレタン素材のドラムパッド。

反発はラバーより少なめな分、音を吸収してくれるので、夜中の練習で重宝することも。


TAMAのTSP6(¥4,536)。消音性も高く、かなり自然なリバウンドのパッドです。また6インチとサイズ感も良い点もおすすめです!

④リムがついているトレーニングパッド(スタンド無し)

先ほど紹介した

  • Pearl パール トレーニングパッド10″ スタンド付 TPX-10N(メッシュ)
  • Pearl パール トレーニングドラム スタンド付 SDN-14N(プラスティック)
  • YAMAHA ヤマハ トレーニングパット 12インチ(スタンド付) TS12S

は、全てスタンド付きのものでしたが…。


もちろんスタンドがついていないリム付きのドラムパッドも販売されています!

ProLogixリム付き練習用パッド(¥7,980)。こちらはウレタン素材を使っているので、反発が小さく、消音性に優れている点がおすすめです。

⑤その他(変わっているトレーニングパッド)

最後に変わっているドラムパッドを紹介します!

「練習も遊び心が欲しい!」という人は試してみても良いかもしれません。


キクタニ-足置式練習用パッド(¥2,160)。叩いた感じは少々硬いですが、足に取り付けるパッドなので、練習場所を探す必要がありません。ライブ前とかに重宝しそうですね!

 


Pearl -パールトレーニングパッド PT-12F(¥5,775)。3つの異なる素材が使われているトレーニングパッドです。グレーはスネア/ブルーはH.H./ブラックはシンバルといったように、ドラムセットを想定した練習が可能です。

ドMドラマー向けの練習パッドも・・・。

直径わずか約4センチ

まさにドMドラマー向けの練習パッドの販売されています。

今、話題のドラムパッド"WICKED CHOPS PRACTICE PAD" AHEAD社が開発したドラムトレーニングパッド”WICKED C...

ドラムの練習になれてきたら、購入するのもありかと思います。ただし、上級者向けのドラムパッドです。

ドラム練習パッドを購入したらトレーニングあるのみ!

以上12個のドラムパッドを紹介しました。

闇雲に買うのではなく、打面・機能面を考えて自分にあったものを探してみましょう!


ドラムパッドは一生ものになるので、しっかり吟味してから購入してくださいね!

関連記事

ドラムアプリはこんなにある!練習に役立つオススメ無料 /有料アプリ

ローランド・ヤマハ・aDrumで”おすすめ”は?電子ドラム徹底比較【Roland...

【鬼畜の極み】ドMドラマー向け?AHEADトレーニングパッドがヤバイ! 

【楽器耳テスト】激安7万VS高級50万ドラム!”音質の違い”が分かりますか?

持ち運びドラムセット"Traps(トラップス)"価格や評判をまとめてみた

これを買えば間違いない!種類別おすすめドラムスティックまとめ&選び方