【中級編まとめ】ドラムを習う前に!初心者でもできる独学練習一覧

ドラムを習うか?それとも独学か?

ドラム初心者ってやっぱり誰かに習う方がいいのかな?でも、お金が全くないよ…。
それなら、まずは独学でできることをやってみたら?練習方法はネットに色々と落ちているよ!

「ドラムを習うか?」それとも「独学で練習するか?」は、初心者ドラマーにとって大きな悩みのタネ。

そこで今回は、少し難しめですが、独学でもできる練習方法「中級編まとめ」を紹介します!

この記事は、中級編のため、少し難しめの練習方法を紹介しております。

「まだ難しい!」という方は、まずは初心者の方に向けの【初級編まとめ】をご覧ください!




中級ステップ1:独学で絶対マスターしておきたいスキル

①中級者も「ストーンキラー」は毎日練習しよう!

初級編でも紹介した「ストーンキラー」。

プロモ行う練習方法ですので、たとえ初心者でも必ず練習しておきましょう。

ドラムを「習う」か「独学」か?迷っていたとしても「ストーンキラー」は絶対にやっておくべきです。中級者はBPM110〜をオススメしています。

https://drumkouza.com/2017/04/30/stonekiller/

②16分キックを全てマスター!おしゃれなビートを叩こう!

16ビートは音が細かい分、初心者ではなかなか叩けないビート。

さらに、キックパターンも27通りありますので、全てマスターすればほとんどの曲が叩けるようになります。

ドラムを習う前にここまで独学でやっておけば、初心者と言えど、非常に効率良くレッスンを開始することができますよ!

https://drumkouza.com/2017/05/06/16kicks/

③実践!おすすめパラディドル3選!

中級者ドラマー向けに、実際の演奏で使えるパラディドルを紹介しています。

パラディドルは少々難しいですが、独学でも十分マスターできますし、フィルインなどにも応用できますよ。

「パラディドルの使い所が分からない!」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

https://drumkouza.com/2018/05/05/paladiddle/

中級ステップ3:独学でここまでできれば十分!

①独学の友!様々な練習に応用できる「チェンジ・アップ」とは?

脱初心者をして、中級者になるには、いつまでも同じ練習を繰り返してはいけません。

また独学で練習していると練習効率が悪くなりやすいので、定期的に練習方法を変えるようにしましょう!

「チェンジアップ」は初心者用の練習方法ですが、中級レベルでも十分上達に繋がります。

https://drumkouza.com/2018/05/17/fundamental-practive/

②表現が大幅UP!「ダブルストローク・ロール」を練習しよう!

「ダブルストローク・ロール」ができるかできないかは、初心者と中級者を分ける基準の1つ。

こちらは初心者にはかなりレベルが高いですが、たとえ独学であっても、動画を見て習うことができますよ。

ダブルストロークができるようになると、周りからの評価も一段と高くなります!

https://drumkouza.com/2017/10/18/dubblestrorkrolls/

中級ステップ3:ドラムを習うだけでは教えてくれないこと

①変拍子をマスターしたいなら「語呂合わせ」で覚えよう!

中級レベルになると、変拍子を使った楽曲が増えてきます。

しかし、変拍子の曲を聞かない人にとっては、なかなか身体がついていかないものです。

そういった方にオススメなのが「語呂合わせ」で覚えてしまうというもの。リズムに乗れなくても、まずは「語呂合わせ」から始めてみましょう!

https://drumkouza.com/2018/07/29/goroawase/

②スティック回しをかっこよくキメて、ライブを盛り上げよう!

スティック回しができると、かっこいいですよね!

ライブパフォーマンスに取り入れれば、あなたも周りから注目されるドラマーに!?

魅せる力は、中級ドラマーから必須になってきます!「ドラムを叩く」だけならロボットでもできるので「スティック回し」をマスターして、あなたらしさを表現してみましょう!

https://drumkouza.com/2018/01/07/stick-mawashi/

③スティック不要の練習!4wayオルタネイト・トレーニング

初心者であろうが、中級者であろうが、ドラムの練習はどこでも行いたいですよね。

そんな方にオススメなのが、スティック不要の「4wayオルタネイト・トレーニング」。

スキマ時間を上手く利用して、どんどん上達して行きましょう!

https://drumkouza.com/2017/04/29/nosticks/

④打楽器はリバウンドが命!スティックとペダルの正しい使い方

ドラムパッドを使ったり、実際にドラムセットを使ったり。

独学者が中級レベルに到達するために、色々な方法の練習を紹介しました。

そこで最後に、上級者ドラマーになるための登竜門として「リバウンド」の使い方を紹介します!

スティックはもちろん、ペダルのリバウンドを活かせると、物凄いスピードで上達できるようになります。中級レベルではない気もしますが、ぜひ一度試してみてください!

https://drumkouza.com/2017/07/09/middle/

「初心者向けコラム」や「上級練習」もおすすめです!

ドラム練習をする上で何回も挫折をしてきた僕なりの観点でコラムを書いています。基礎練習の息抜きがてら参考にしてみて下さい!

初心者向けコラム一覧はこちら

さらなる上達を目指す人ように「上級編」も用意しております!

【上級編】練習まとめはこちら