【練習に役立つ】読譜やソルフェージュを取り入れグングン上達しよう!

楽譜を読めるようになると、メリットがたくさん!

前回記事では、ドラム譜の読み方について紹介してきました。

また、ただ闇雲に読むのではなくドラム譜を声に出して読むことも大切なのでしたね。

しかしただ楽譜が読めるだけではいけません。

やはりドラム練習をする時は、楽譜を読みながら叩きたいですよね。

そこで今回は、読譜とソルフェージュというものを紹介します。

練習を効率よく行うためにも、ぜひ読譜にチャレンジしてみてください!




”読譜”と”ソルフェージュ”をざっくり学ぶ

まず読譜とは何か?

ピアノを習っていた方ならご存知かと思いますが・・・。

読譜とは楽譜をみて即興演奏ができることを言います。

練習をする時に「手を止めて楽譜をみる→楽譜を見ずに練習する」とやっていると非効率。

これでは時間がいくらあっても足りません。

つまり、読譜ができないのは致命的なのです!

このことはドラマーであっても例外ではありません。

ソルフェージュも同時に知っておこう!

また、似たような意味で”ソルフェージュ”という言葉があります。

ソルフェージュを学んでから楽器演奏に取り組むことで音楽の上達スピードが早くなると言われているため、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

簡単にいってしまえば、”楽譜を見ながら音階で歌う”ことなのですが・・・。

正直一言では言い表せないぐらい奥の深いものなので、興味のある方は本を利用して学ぶことをおすすめします。

欧州の方では義務教育に取り入れられているほど重要視されている考え方ですよ。

絶対に読譜は一日ではできない!

日々意識して練習するしか道はない。

ピアノを習っていたとか他の楽器を習っていた方でないと、いきなり読譜ができるなんてことはありません

読譜ができるまでは非常に長い道のりとなるかもしれません。

しかし、声を出してドラム譜を読んでみることでも、読譜のための大きな一歩となります。

毎日の練習を意識して行えば、必ずできるようになりますので諦めずマスターしましょう。

なるべくノールックで叩けるように

初心者ドラマーの方は、手元をみて叩きがちです。

しかし、これではいつまで経っても読譜はできませんよね。

初めのうちは難しいかもしれませんが、なるべくノールックで叩けるようになりましょう!

ノールックで叩けるようになれば、楽譜をみることができますからね。

他におすすめの練習方法として、姿見に映った自分を見ながら叩くのもOKです。

読譜はメリットたくさん!練習効率UPに欠かせない技術

初見の教本でも、いきなり練習を始めることができる!

読譜の一番のメリットは初見練習でしょう。

今読譜ができている人は何とも思わないかもしれませんが、やはり練習効率が段違いです。

例えば、

こちらの楽譜、初見で叩けますか?

もしできないのであれば、スティックを使わずに画面を見ながら手で叩いてみることから初めてみましょう。

読譜ができれば”独学”でも上達していける!

読譜ができると、独学でも十分上達していけます。

もし、先ほどの楽譜ができるようになったら”STICK CONTROL”というドラムのバイブル的存在の教本を使ってさらなるレベルアップを測ってください。

またドラムの教本は、想像以上にたくさん出版されていますので、自分の極めたいプレイスタイルの教本をドンドンこなしていきましょう。

おすすめ教本はこちら

おすすめDVDはこちら

僕の使ったおすすめ教本とDVDもまとめていますので、参考にしてみてください。

読譜だけでなく暗譜も練習に取り入れよう!

暗譜と読譜を上手く使い、相乗効果を狙う

みなさんは暗譜をしていますか?

バンドの曲をコピーしたりして、楽譜そのものを覚えてしまうことを言います。

もちろん暗譜には限界があるのですが、暗譜にもメリットがあります。

例えば、暗譜をしているということは身体に染みついているということ。

さらに深めていけば、即興演奏ができるようになったり、プロドラマーの手グセを自然と身につけることができます。

「学ぶ」という言葉は「真似る」という言葉が変化したと言われるほどですし、暗譜をしつつ好きなドラマーを真似することもおすすめです。

暗譜:読譜 = 3:7の割合がベスト!

暗譜といったって限度があります。

好きなバンドの曲であっても、せいぜい20~30ぐらいでキャパオーバーになってしまうのではないでしょうか。

ですので、スキルアップを目指しているのなら読譜:暗譜を7:3ぐらいにしてみましょう。

「教本を使って読譜練習を繰り返し、たまに息抜きがてら暗譜しながら好きなバンドの曲をコピーする。そして、最終的には教本と好きなドラマーの良い処取りをして自分のドラムの核としていく」

という流れが、程よく練習が楽しくて調度いいかな〜と思います。

もちろんドラムの目的は個人それぞれですので自分にあったバランスを色々と試してみましょう。

“読譜”を覚えたら教本を使った練習を

今回の記事で、いかに読譜が重要か分かっていただけたと思います。

やはり、読譜は楽器を演奏する上で必須スキル。

楽譜が読めなくてもドラムの演奏自体には特に関係ないかもしれませんが、上達を目指していくとなるとドラムの教本での練習が必要になってきます。

プロを目指す方は、その場で楽譜を渡されて「初見演奏」をすることだってあります。

読譜はしっかりマスターしておきましょう!

関連記事

【初心者】ドラムを始めたい方必見!5000円あれば練習できるよ!

下手でも良いじゃん!ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ

【3分で読める】ドラムを始めたい社会人のためのプチレッスン

初心者ドラマーがスタジオ練習で絶対やってはいけない「5つ」のこと

生ドラムは「カミナリ」と同じ音の大きさ!?耳栓を使って大事な耳を守ろう!

ドラムの楽譜が読めるようになったら、声に出して読んでみよう!