ドラマーのバイブル”STICK CONTROL”はドラム練習に欠かせない教本です!

STICK CONTROLはドラマーのバイブル!


もっとドラム上手くなりたい!

だったら、王道のドラム教本「STICK CONTROL」を使ってみたら!?

今回紹介するドラム教則本は「stick control for the snare drummer」。

数々の世界中のプロドラマーが使ってきたバイブル的な存在です。

さらに巻末には、ジョジョ・メーヤーやスティーブ・ガッドといった世界的ドラマーからの絶賛のコメント付きという代物。

日本では知名度が低いですが、世界ではドラマーなら1人1冊持っている教本です。

ドラム教則本「stick control」とは?どんな教本!?


まずは「STick Control」がどんな教本なのか紹介します。

stick control の教本は「867パターン」のフレーズを収録!

教本の中身の画像は著作権上アップできませんが、Stick Controlの中には、ドラムの楽譜がページ一杯に書き込まれています。

その数、なんと867パターン

そのため、この教本1冊マスターしようと思うと、非常に根気のいる練習が待っているのです…。


僕は高校生の頃、ドラムの先生に教えていただいて「Stick Control」を買ったのですが、当時は根性が無く、1週間で本棚行きとなりました笑

でも高校生の頃、ドラムの先生の言ったことを信じて、「根気良く練習していたら…。」なんて思う時もあります。

1日でも早く練習していたら、今頃もっと表現の幅が広がっているのにな..。」と考えたことすらあります。

何はともあれ、上級者でも一冊やり終えるのにかなりの時間がかかりますが、この教本一冊をやり終えた後には、必ず自他共に成長を感じられるはずです。

根気がいる教本ですが、もし興味がありましたら買って練習してみましょう。

この教本はそれぐらいオススメです!

僕がドラム教則本「Stick Control」をオススメする理由

僕が、この教本をオススメする理由。

先ほども紹介しましたが、867パターンという網羅性の高さです。


1つの太鼓という打楽器を取り扱った練習方法を網羅した教本ですね。

パターンの内容として、

  • シングルストローク
  • ダブルストローク
  • パラディドル
  • フラム
  • ストーンキラー
  • 3連分

など多岐に渡り、この一冊でほとんどのドラム奏法を学べます


つまり、この1冊をやり込めばスネアを叩く上で必要な技術は全てマスターできてしまうのです。みなさんが普段練習で省いてしまいがちな左手スタートでの練習方法もありますよ!

注意点としては、この教本は「マーチングドラム(スネア)」のために作られた教本なので、ドラムセット全体の練習用の教本ではないということです。

そのため「物足りない!」と感じる方もいるかと思いますが、、一旦ドラムセットの練習から離れて1つの太鼓に特化した練習をしてみることも、時には必要ですよ。

stick control の使い方と、オススメの練習方法


教本を使ったドラム練習は「自習」がメインとなるため、”どのように練習すべきか?”も考えておきましょう。

stick controlの練習ではメトロノーム必須!

ドラマーの練習必須アイテム”メトロノーム

教本を使った練習はもちろん、自分一人で練習する時は、必ずメトロノームを使うことを心がけてください。


正直、メトロノームを使うのは面倒臭いです…。何でドラム練習に必要なんですか!?

ドラム初心者にありがちなのですが、客観的に聞くと、リズムがバラバラになっていることが多いからです。

ドラマーにオススメのメトロノームアプリはコチラ。

600円と高額ですが、アプリの中で一番レベルが高いものです。

他にも無料のアプリがあるので、気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

クリック音と自分の音がジャストで重なってクリック音が聞こえなくなってきた時の感覚は、なるべく早い段階で掴んでおきましょう!

stick control 推奨の練習方法「1パターンを20回繰り返す」

この教本がオススメしている練習方法。

それは、1つのパターン(1ページ分)を20回繰り返すこと。


「確実に身体に染み付けるまで徹底してやる!」ということですが、基礎練習らしい練習方法ですね。

「同じフレーズを20回繰り返す」なんて、オーバーワークではありませんか?

そのように感じられるかもしれませんが、反復練習ほど成長させてくれる練習はありません。

必ず1回叩けたら終わりにするのではなく1つのレーズを満足にできたら次へ進むという形で練習を進めていってください!

まとめ:stick control をしっかりやればプロレベルに?

教本の値段は¥1,000ほどですし、かなりのスティックワークが学べるのでかなりオススメの教本です。

そして、1冊やり終わった頃には、かなり上達を実感できるはずです。

stick control が推奨しているように、20回ずつやればプロレベルになれるかもしれません。

それぐらいすごい教本なんですよ。

当サイトでは他の教本教則DVDも紹介しています。

どれも僕が使ったオススメの教本なので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

【ドラム教本】ドラム上達の100の裏ワザ【練習の息抜きに】

ドラムの”グルーヴ”と”音色”ってどうやって勉強したらいいの?

【独学】モーデンドラマー誌がオススメする25冊のドラム教則本をまとめてみた!

ドラム教本おすすめまとめ一覧!これさえあればレッスン教室も不要!?

ドラムを合理的に征するルーディメンツ活用法30/著:染川良成

カッコいいドラムフレーズを「地獄のメカニカルトレーニング」を使ってマスターしよう...