【ドラム教本】ドラム上達の100の裏ワザ【練習の息抜きに】

ドラム上達の100の裏ワザ!?

ちょっと衝撃的なタイトルかと思われたかもしれませんが、こちらは書籍のタイトルです。

僕が楽器屋の本棚で見かけた時は「怪しいな〜」と思いました笑

おそらく今、この記事を読んでいるあなたも、きっと同じことを思ったことでしょう。

しかし、何気なく手にとった書籍の著者を見てみると・・・。

かの有名な菅沼孝三氏ではありませんか!

確かに著者は有名な方ではありますが、肝心な中身はと言うと、ドラマーとしてだけでなく、音楽家として重要なことがギッシリと書かれていました。

そこで今回は、菅沼孝三著「ドラム上達100の裏ワザ」について紹介したいと思います。




「ドラム上達100の裏ワザ」ってどんな教本なの!?

俗にいう”教則本”ではない

ドラム上達の100の裏ワザは、ドラムを練習するための教則本ではありません

楽譜にしたがって練習するような教本ではなく、

  • マインド
  • ドラム機材の知識
  • 練習方法

など、菅沼孝三氏がプロとして活躍する過程で重要だと感じた100個の裏ワザを紹介してくれています。

1ページ完結型で読みやすい!

100個の裏ワザと聞くと、数が多く、読む気が失せそうになりますが、そうではありません。

実はこの本、

「練習の息抜きにサラッと読めて、でも内容はシッカリと充実している」

本なのです!

見開き1ページで内容が完結するものが多く、練習の休憩時間はもちろん、ちょっとした隙間時間にパラパラと読み進めることができます。

ドラム上達を目指す方は必読!

表紙はコミカルなイラスト。

でも肝心の中身は、プロでも頷くことばかり。

書籍のタイトルにあるように「ドラム上達」を目的として書かれた書籍です。

ここに書かれている100個の裏ワザを自分のものにできた時、あなたのドラムは確実に上達しているでしょう。

ドラムだけでなく、音楽家として大切なことも教えてくれる

この書籍は、テクニック向上を目指す人にはオススメではありません。

ですが、ドラマーとしてだけでなく、音楽家として大切なことを教えてくれるバイブルのような書籍です。

音楽を楽しむ上で重要な心の持ち方だったり、時にはスランプに陥った時の対処法だったり。

努力家な人ほど自分一人で問題を克服しようとしますが、時には誰かのアドバイスは必要なものです。

もしかしたら、今の自分は独りよがりなドラムを演奏しているかもしれない

そう思ったかたは、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

初心者から上級者まで、楽しみながら読める教本

購入の動機は不純だったかもしれません。

ですが、音楽家として重要なマインドについてまで触れて書かれている教本はめったにないので、とても貴重な1冊だと感じます。

また、プロドラマー兼講師の方が書いただけあって、書いてある内容はタメになることばかりですしね。

初心者から上級者まで幅広く読めるオススメの1冊です。

関連記事

1時間の練習で上手くなる!合理的にドラムを学べる教本を紹介

ドラマーのバイブル”STICK CONTROL”はドラム練習に欠かせない教本です...

ドラムの”グルーヴ”と”音色”ってどうやって勉強したらいいの?

カラオケ点数10UP!音痴の僕が”大人のための音感トレーニング本”を読んでみて

【ドラム教本紹介】地獄のメカニカルトレーニングフレーズ 狂速DVDで限界突破

【独学】モーデンドラマー誌がオススメする25冊のドラム教則本をまとめてみた!