【海外音楽スタジオ情報:セブ島①】ゴスペル・ハウス(Gospel House)に行ってきました!

セブ島”ゴスペル・ハウス(Gospel House)”に行ってきました!


海外でも楽器を弾きたい!

旅行ついでに1時間ほどスタジオに行ってみたい!

僕も常々このようなことを考えていました。

皆さんも、海外旅行や留学ついでなどに楽器演奏をしたくありませんか?

そこで!

現在フィリピンのセブ島にいますので、セブ島の楽器屋巡りや音楽スタジオ巡りをしています。

まず第一回目は、”ゴスペル・ハウス

アヤラモールの近くにあるので、アヤラモールの楽器屋でスティックを買ったついでに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

セブ島旅行の思い出にもなりますし、とってもオススメです!

音楽スタジオ”ゴスペル・ハウス(Gospel House)”の場所

音楽スタジオ”ゴスペル・ハウス”は、セブ島旅行の定番アヤラ・モールのすぐ近く

徒歩約5~10分ぐらいの場所にあります。

ゴスペル・ハウス(Gospel House)の営業時間は?

ゴスペル・ハウス(Gospel House)は、セブ島の音楽スタジオで唯一、グーグルの検索画面に出てくるスタジオです。

その情報によると

毎日8:00~21:00までやっているとのこと!

この情報を元に早速行ってきました!

ゴスペル・ハウス(Gospel House)に到着!

店構えは「さすがセブ島!」といった雰囲気。

シャッターが閉まっていたのでオープンしてないように見えますが、左側のドアから2階に上がっていきます。

階段を登っていくと、スタジオがあります。

スタジオの中は・・・!?

正直、部屋に入るまでかなり不安でしたが、このドラムセットが見えた時テンションが上がりました!笑

エアコンもあるので快適です!

ドラムセットは、どんな感じ?

先ほど、ドラムセットの正面から見てもらったと思いますが、ドラムの写真をたくさん撮ってきました。

バスドラです。

ペダルはYAMAHAのシングルペダル。年期が入っていましたがギリギリ使えるレベル

でも、遊びで叩く分なら十分です。

ハイハットです。

スネアです。

ガムテープミュートがたくさん貼ってありました笑

14’クラッシュとタムです。

ライドです。

フロアタムを撮り忘れましたが、タム同様ヘッドの張り替えは長年されてないようでした。

他にも付属品がいっぱい!バンドメンバーで遊べるスタジオ!

スタジオなだけあって、付属品がいっぱい!

ドラマーだけでなく、ギタリスト・ベーシスト、さらにはピアニストまで楽しめますよ!

マイクの設定は店員さんに頼めばやってくれます。

アンプもあります!

オルガンも常備!

ただ、ガラス張りで区切られているので、隣の部屋が丸見えです!

注意点!

セブ島の中では良いスタジオですが、いくつか注意すべき点があります。

それは

  1. 飲み水を持っていくこと
  2. チューニングキーを持っていくこと
  3. 営業時間が不安定

です。

①②は日本でも同じことなので、説明を割愛しますが③に関しては注意が必要です!

先ほど営業時間は「毎日8:00~21:00」と紹介しましたが、必ずしも正しいわけではありません。

特にフィリピンはイベントやお祭りを大切にする国ですし、日本と比べると時間に関してかなりルーズです。

そのため「せっかく来たのに店が閉まってる・・。」なんてこともチラホラ。

電話番号があるので、電話が繋がっている人は必ずアポを取ってから行きましょう!

もし、アポなしで行く場合、僕のオススメ時間は「土曜日の12:00頃」です。

まとめ:ゴスペル・ハウスはオススメです!

「ドラムセット古いな・・。」と思ったかもしれませんが、ゴスペル・ハウス(Gospel House)は結構良いスタジオです!

そして肝心の料金は、なんと1時間200ペソ(約450円)

激安ですね!

セブ島旅行をする際は、1時間程度フラッと来て遊んでみてはいかがですか?

関連記事

【海外音楽スタジオ情報:セブ島③】”名も無きスタジオ”に行ってきました!

【楽器耳テスト】激安7万VS高級50万ドラム!”音質の違い”が分かりますか?

海外留学・旅行好きの音楽家へ!クレジットカードより安全のキャッシュパスポートが便...

【海外音楽スタジオ情報:セブ島②】リズム・セントラル(Rhythm Centra...

【セブ島の楽器屋情報2】SMシティーモール"A.SALONGA"

【セブ島の楽器屋情報】アヤラモール"JB Music"へ行ってきました!