ドラム上達の近道!ストーン・キラーにアクセントを加えてみよう!

ストーン・キラーはやればやるほど上達する練習方法!

前回記事でも紹介した”ストーン・キラー”という練習方法。

とってもキツイ練習方法ですが、やればやるほど確実にドラムが上達します!

やり方もシンプルなので初心者の方でもできますよ。

1日30分程度時間をとって、コツコツと続けていきましょう!

上級者向けストーン・キラーのやり方!

アクセントを加えてみよう!

基本のストーンキラーのやり方はこちら↑

ストーンキラーを知っていますか? こういった悩みはドラマーなら誰しもが通る道です。 そこで今回は、こういった方達のために...

この基本パターンにアクセントを入れていきましょう!

やり方としては

  1. 1打目アクセント
  2. 2打目アクセント
  3. 3打目アクセント
  4. 4打目アクセント

4パターンあります。

 アクセントを入れた練習方法:僕のやり方

ここで、僕の練習方法を紹介します。(基本的なストーン・キラーのやり方を知っている方に向けての記事なので、説明を大分省略します)

ぜひ参考にしてみてください!

1打目アクセントから4打目アクセントを一連の流れで練習する!

まずは1打目アクセントから

  1. RRRRLLLL (4打づつ) × 4回
  2. RRRRRRRRLLLLLLLL(8打づつ) × 4回
  3. この要領で12→16→・・と4打づつ増やしていき64打まで行う

この①〜③までの流れを、2,3,4打目アクセントでも繰り返し行います!

BPMの目安

BPMの目安としては90~が良いと思います。

慣れてないうちは上手くできませんが、続ければ確実に上達する練習なのでガンバって続けてください!

表拍・裏拍アクセントの注意点

1・3打目(表拍)アクセントは比較的カンタン!

表拍のアクセントは裏拍に比べてカンタンにできます。

テンポの速い曲を叩く時にアップダウン奏法を使いますし、リズムの取り方も表拍が自然と身についているので苦手意識のある人は少ないと思います。

問題は裏拍アクセントです。

2・4打目(裏拍)アクセントは曲者!

裏拍アクセントは、リズムが取りにくく違和感を感じると思います。

特に2打目のアクセントは、クリック音と混ざって聞こえてしまい、スムーズに叩けなくなることもあります。

そういった場合は無理をせずテンポを落とし少しずつ身体を慣らしていきましょう!

それでもできなければ「歌ってみる!」

「テンポを下げてみても裏拍のリズムが取れない・・・!」という方は歌ってみましょう

楽譜が読めるようになったら、声に出して読んでみよう! 前回記事では初心者の方向けにドラム譜の読み方を紹介しましたが、ドラムの楽譜を読めるように...

タップストローク(アクセント無し)を特に注意する!

最後に、アクセントをしていない時の音に注意しましょう!

”アクセント無しの音とアクセント音の音量差”をつけるためには「アクセントをつける = 力強く叩く」だけでではなく、タップストロークの音を小さくすることも重要です。

タップストロークの目安としては「打面からの高さを3cmに統一」するのが良いでしょう!

まとめ

今回は、ストーンキラーにアクセントを入れる方法を紹介しました。

過去記事もあるので、かなり省略しましたが効率よくスキルアップできる方法です。

短時間でできる練習なので、ぜひ普段の練習に取り入れてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

【1時間でできるツインペダル】手2足2フレーズが簡単で初心者におすすめ!

ドラムを13年続けて見えてきた”イメージトレーニング”の重要性

【3連符/6連符の応用編】休符のある変拍子も語呂合わせで叩こう!

高速ツインペダルを踏みたいなら”曲”に合わせて練習するのがおすすめ

ビギナー脱却を目指すドラマーはドラムの練習に”ストーンキラー”を練習に取り入れま...

スティックトリックを身につければドラムパフォーマンス力UP!マンネリ練習のスパイ...