ダブルストロークが苦手なドラマーは”バズロール”がオススメ!

ドラムロールをやってみたい・・・


ドラムロールやってみたいけど、ダブルストロークが苦手・・・

ドラムロールできるようになりたい・・・

コンテストの1位発表の時とかに使われる「ザーーーーーッ!」というドラムロールは、ドラマーにとってちょっとした憧れですよね。

しかし、ダブルストロークロールは苦手な方も多いです。

そこで、みなさんは”バズロール”という言葉を聞いたことがありますか?

とてもシンプルなので、ちょっとしたコツさえ習得してしまえばドラムールができるようになりますよ




動画で概要をマスター!

まずは、わかりやすい動画を見てみましょう!

丁寧な解説付きで、分かりやすくまとめられています!

37秒動画なので、忙しい人もサクッとみれます!

バズロールとダブルストロークロールの違い

バズロールという奏法があることは、動画をみてわかっていただけたと思いますが、バズロールとダブルストロークロールはどういった違いがあるのでしょうか?

簡単にいってしまえば

  • ダブルストロークロール = 左右2打づつ叩く
  • バズロール       = 左右3打以上づつ叩く

全く別物のドラムロールです。

ロールを綺麗にするためのコツ・気をつけること

バズロールのやり方はシンプルなので、誰でもすぐに習得できます。

しかし、闇雲にやっていても「ロールっぽいかな・・・?」という感じで、なかなか上達しません。

そこで、ロールを綺麗にするためのコツ・気をつけることをリストアップしてみました。

①音粒の重なりを意識する

バズロールは簡単にいってしまえば↓のイメージ。

RRRRRRRR     RRRRRRRRRR     RRRRRRR                                                                 LLLLLLLLLLLL                   LLLLLLLLLLL             LLLLLLLLL

右手のロールが終わる前に左手のロールを始めることで音が連なって聞こえドラムロールのようになります。

なので、↓のように

RRRRRRRRR               RRRRRRRRR                RRRRRR                                                            LLLLLLLLLL                   LLLLLL                         

右手のロールが終わってしまってから、左手のロールを始めるとドラムロールに聞こえません。

②リバウンドを利用して、音粒一つ一つを大切に

ロールがキレイに聞こえるのは、音粒一つ一つがキレイに鳴っているからです。

もし、自分のロールができているか不安な方は

  1. 左右の手の力を均等にすること
  2. 録音して聞いてみる

この2つを意識して練習してみましょう!

 

また、リバウンドを利用してロールすることも重要です。

  • 途中で音が大きくなる
  • 力んでしまう
  • スティックを打面に押し付ける

といったことがないように注意してください!

まとめ

ロールができると演奏表現がかなり広がるので、バズロールはオススメです。

様々な演奏方法を知って、自分にあったスタイルを見つけていってくださいね!

 

関連記事

【動画】脱初心者に向けて基本の”アップ・タップ・ダウン”ストロークをできるように...

棒ドラマーになってないですか?8ビートをカッコよく叩いて、上手にリズム乗る方法!

ドラマーは筋トレ必須!?ドラムに必要な筋肉を考え、自分にあった筋肉をつけよう

パラディドルとは?ドラム初心者でも分かるようにまとめてみました!

【ドラム初心者向け】自宅でできるドラムの練習方法をまとめてみました

シングルペダルで8ビートの全パターン!まずは8ビートの足をマスターしよう