【体験移住募集中!】千葉県浜金谷のコミュニティスペース「まるも」とは?

千葉県浜金谷にある「まるも」で1週間体験移住しています!

6/15(木)~22(木)の間、千葉県浜金谷にある「まるも」というコミュニティスペースで体験移住をしています。今までに、土日を利用して2回「まるも」に来たことがありますが、今回は1週間の滞在になります。

「まるも」は一言では言い表せないほど素晴らしい場所なので、みなさんに知ってもらいたく記事にしてみました。ぜひご覧ください!

コワーキングスペース「まるも」とは?

まるもは千葉県富津市にあるコミュニティスペースです。
フリーランス向けのコワーキングスペース、関東近郊の企業向けの合宿スペース、
地域住民向けのコミュニティスペースとしてスペースを運営しています。(引用:金谷のコミュニティスペースまるも)

基本的に”フリーランス”と呼ばれる働き方をしている人達や、フリーランスを目指す人たちが集まっています。移住者の方はもちろん、まるもスタッフの方に「もう一度会いたい!」と思えるような人たちが集まる、とても暖かい場所です!

まるもの公式サイトはこちら

”まるも”スタッフ紹介!

創設者:山口拓也(池ちゃん)

埼玉県出身。2012年にフリーランスで独立するとともに、千葉県金谷での田舎生活もスタート。2014年にはフリーランスから法人化し、株式会社Ponnufを創業。2015年10月より、コミュニティースペース「まるも」の運営を始める。他人の人生に強い関心をもち、その手助けに喜びを見出し、これまでまるもを通して関わったきた多くのフリーランス志望者や生き方を模索する若者に慕われる。現在は、引導を二本松に渡し、地方開拓家として新たな土地の救済へ邁進する。

僕が2回目の週末フリーランスかなりお世話になりました。普段とても穏やかですが、頭がキレキレで人狼がとても強い!笑 まだ数回程度しか一緒にやったことがありませんが、またリベンジしたい・・・! フリーランスを目指している方はブログチェック必須です

ツイッターはこちら

ブログ:日本の田舎を開拓してみる

オーナー:二本松航(まつさん)

神奈川県出身。大学時代に休学をして世界一周を経験するなどアクティブな旅人。卒業後、人材広告のベンチャー企業と携帯販売会社でサラリーマン生活を経験したのち、2016年9月より千葉県金谷に移住する。そこでコミュニティスペースまるものスタッフをする傍ら、ライティングやサイト制作を主な仕事として、フリーランス生活をスタート。2017年1月には、創設者・山口から引き継ぎ、二代目まるもオーナーに就任。

今回の移住体験は松さんのツイートをみて移住することに決めました。まるものことはもちろん、世界一周の話やフリーランスについてなど教えていただいています。とても優しい方で、お兄ちゃんのような人です!

ツイッターはこちら

ブログ:細目から見える世界

店長:もぐらのぞみ(のんちゃん)

鹿児島県出身。大学では哲学を専攻し、家族やLGBTについて向き合う。卒業後、短期語学留学を経験。帰国してからはフリーライターとしての活動をスタート。主に旅メディアへの寄稿やブログを運営している。2016年11月より千葉県金谷へ移住。同年、12月にコミュニティースペースまるものスタッフとして働きはじめ、2017年からは店長として、あたたかな空間つくりに尽力している。

ブログやライティングに関してのアドバイスが的確で、週末フリーランスと今回の移住体験でもお世話になってます!あと、麻婆カレーが美味かった!Twitteでは”まるも”の最新情報をツイートしていますよ!

ツイッターはこちら

ブログ:もぐらのぞみのPR!

最近はいすみ市に新しいコワーキングスペースができました!

hinodeはコワーキングスペース、イベントスペースを兼ね備えたコミュニティスペースです。
一般的なコワーキングスペースと違い、共有の仕事空間があるだけでなく、
・仕事を生み出し、会員同士で仕事を共有しあうプラットホームの提供
・hinodeを通して新たなビジネスの創出
・作り手/生産者が活躍できるマーケット開催
を行っています。 (引用:千葉県いすみ市大原のコワーキングコミュニティ hinode

最近できたばかりのコワーキングスペースで、写真でも伝わるほどキレイです!TVで紹介されたりと、注目のコワーキングスペースです。

僕はまだ一度も行ったことがないので、1週間の移住体験中に時間を作って、行ってみたいと思っています!!

コワーキングスペース”hinode”の詳細情報はこちら

そもそもフリーランスとは?

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。(引用:wikipedia-フリーランス)

フリーランスの方は、特にクラウドソーシングを使って仕事を受注していますが、ルールや決まりのようなものはなく働き方は個人それぞれです。1日4時間だけ働く人も居れば、まとめて仕事をこなして満足する収益が得られたら自分のやりたいことに時間を割く人もいます。

また、最近は「働き方改革」という政策により”残業・労働時間の見直し”や”副業をしやすい環境”などを見直している企業が多いですが、フリーランスは組織に属さず、より自由に生きていける働き方です。

”まるも”では、フリーランス向け講座が2つあります!

そして「まるも」では、フリーランスを目指す人達に向けた2つの講座があります!

  1. 週末フリーランス養成講座 (土日2日間)
  2. 田舎フリーランス養成講座 (1ヶ月)

僕は週末フリーランス養成講座に2回参加して、フリーランスになるための基盤を学びました。1回でも十分な内容ですが、違う内容の講座も受けてみたく、計2回受講しました。

また、講義を通してフリーランスという働き方を実際に知ることで今までと違った生き方のヒントが見つかりました。そして、新しい生き方が見つかったことで人生が180°変わりました

何はともあれ「フリーランスを目指している!」という方はもちろん「自分らしい生き方」を探している人にもオススメです!ネットでもある程度情報は得られますが、実際に足を運んでみるのも良いと思います。少しでも興味のある方はぜひ参加してみてください!

週末フリーランス養成講座

週末フリーランス養成講座は、直近で6/24,25で開催(いすみ市)されます。土日2日間なので、社会人の方でも気軽に参加できます!

僕は会社員時代にこちらの講座に2回参加しましたが、副業の手段や独立の準備として参加される方もいらっしゃいました。

また、2日間やり方や話を聞くだけという講義ではなく実際に手を動かし行動することがメインの講義です。そのため2日間で結果を残すこともできますし、収益化される方もいますよ!

詳細情報はこちら

田舎フリーランス養成講座

田舎フリーランス養成講座は、直近で8月/9月度中に3回開催されます。

  • ①8/7(月)~9/1(金)の1ヶ月間@金谷
  • ②8/21(月)~9/15(金)の1ヶ月間@いすみ
  • ③9/4(月)~9/29(金)の1ヶ月間@金谷

こちらは1ヶ月間みっちりフリーランスについて学ぶ講座となっています。

そして僕が今”まるも”の体験移住している期間にも、田舎フリーランス受講生の方達は講義を受けています。まだ2日間しか”まるも”にいませんが、受講生同士友達のように仲が良く、かなり楽しそうです!

また、1ヶ月間の講座期間内に10万円以上稼ぐ方も多く「本気でフリーランスをやっていきたい!」という方にオススメです!

詳細情報はこちら

僕がフリーランスを目指した経緯と移住体験しようと思ったきっかけ

中学生の頃から「ドラムを仕事にしたい!」という夢がありましたが、不安定な職業なので諦めていました。

しかし、2回の週末フリーランスに参加したことで、新たな収入源を得る方法を知り夢を叶えることができる基盤を作ることができました。ドラム一本だけでは「無理・・!」と思っていましたが、収入が十分に得られるようになってきた今では、フリーランスとして活動しながら時間を確保し「ドラムで飯を食う」ために努力していこうと思っています。

そして、前回まるもに来てからそれほど時間が経っていないので忘れられないうちに前回出会った人に会いたい!という思いもありました。

最後に:1週間で様々なことを吸収したい!

これから僕はフリーランスという生き方をしていくことに決めましたが、ドラムに関してはこれからのことが多く、たまに先の見えない将来が不安になる時もあります。

しかし”まるも”にはプロブロガー、プロライター、世界一周経験者、プログラマー、webデザイナーの方など、自分の好きなことを仕事にして生活をしている凄い人がゴロゴロといます。普段出会えない方達ばかりが集まる場所なので、この1週間を大切に過ごしたいですね。

また、今回そういった方達と1週間過ごすことで「文字や動画だけでは伝わらないことを、肌で感じることができるのではないか?」と思っています。普段の生活や仕事の仕方はもちろん、様々なことを吸収して、これからの人生に生かしていきたいです!

1週間よろしくお願いします!

関連記事

【まるも体験移住終了】田舎×フリーランスを体験して感じた3つのこと

僕のドラム機材紹介!

上手い人ほど練習時間が多い!ドラム上達の鍵を握る「10000時間の法則」とは!?

10月10日が「ドラムの日」に認定!秋の大秋山会がアツい!?

【aDrums評判/レビュー】試打した感想は”生音感じる電子ドラム”【ATV】