目指せ脱ビギナー!初心者ドラマーが忘れてはいけない”5つ”の大切なこと

脱ビギナーをしたいなら「初心忘るべからず」が大切!


「初心忘れるべからず」

本当に素敵な言葉よね!

自分に言い聞かせるつもりで、昔ドラムの先生から教えてもらったことを書き出しました。

当時、僕はドラムスクールに通っていましたが、「脱ビギナーしたい!」と焦るばかりに、”独学・自己流”でドラムを練習していました。

今はまだ初心者ドラマーだという人も、少しドラムに慣れてくると”独学・自己流”になってきます。

この”独学・自己流”、もちろん悪いことではありませんが、実はあなたの成長を止めているかもしれませんよ・・・。

ぜひドラム練習の暇つぶし程度に読んでみてください!

方向性の定まってない自己流・独学ドラムでは上達しない!?

「型」ができてない初心者ドラマーの自己流・独学は危険!

僕が初心者の頃は1日でも早く上手くなりたい!と思ってガムシャラに練習していました。

ドラムスクールにも通っていましたが、ほとんど独学で学び、自己流のドラム練習を繰り返していました。

でもある時、ドラムの先生からこう言われました。

ドラム全然上達してないね。大事なこと忘れてない?」と。

どうやら、僕のドラムは”型”がしっかり出来上がっておらず、そのためベクトルが毎回ぐちゃぐちゃで目標に近づいたり遠ざかったりしていたのです。

確かに、当時の僕は同じところをグルグル回ってるだけのようなスランプ状態で、全然上達を実感できませんでした。

そして、このことは格言としても残っていますね。

  • 「急がば回れ」   ことわざ
  • 「近道は1番悪い道」哲学者:ベーコン

焦って練習したり、”独学・自己流”の練習は結構危険なんですよ。

ガムシャラの努力ではなく、正しい努力を何度も何度も繰り返すことが大切です。

”5つの大切なこと”を再確認し、自分のドラムを見つめ直そう!

そこで、師匠がいる人もいない人も、今から脱ビギナー・初心者をするために5つの大切なことを見直してみましょう。

当たり前のことしか書いてありませんが、結構忘れがちなことだと思います。

独学・自己流に固執せず、正しい努力の方向性を定め、ぜひ今日からドラムの練習に生かしてください!

大切なこと①マメできたらドラム練習をやめる!

練習に熱が入ってくると、手が力みがちになり、いつの間にかできている”マメ”。

もう少し練習したい気持ちはわかりますが、マメができたらすぐに練習をやめましょう!

何故かというと、痛いのを我慢していると変なスティックの握り方になってしまいます。そして、もしそれが癖になってしまったら・・・。

急がば回れ

正しい処置をしてマメを治したら、また練習しましょう。

あと、余談ですが、ドラムはスティックがなくても練習できますよ!

大切なこと②自分のドラムに自信を持つ!

ドラムが少しずつできるようになってくるとドラムに対して自信が生まれてきます。

とっても良いことです!

でも、人から「上手いね!」って言われると、日本人なら間違いなくそんなことないよ・・!」って言ってしまいますよね。

実は、この言葉、あまり使わない方がいいです。スピリチュアルっぽいですが本当です。

というのも、僕は”謙遜”することが癖になってしまい、ドラムだけが唯一の特技なのに自信を失ってしまっていた時期がありました。

謙遜したい気持ちもわかりますが癖になると毒になります。どうしても謙遜したいって人は「ありがとう!」っていっておきましょう!笑

逆に「下手くそ!」とか「君のドラムは楽しくないね・・!」みたいなことを平気で言ってくる人がいますが、気にしないでください!

初めから上手い人なんかいませんので、気にせずドラムを楽しみましょう!

もし、「悔しい!」「見返してやりたい!」「もっと上手くなりたい!」と思っている方は、当サイトでは練習方法も公開していますので、ぜひご活用ください!

初級編中級編上級編とあるので、自分のレベルに合わせて選びましょう。

大切なこと③他人のドラムを心から認め、良い部分を教えてあげる!

ドラムに慣れてくると、自分よりちょっと上手い人に対してでさえ自分の方が上手いんだ!って気持ちになりませんか!?

恥ずかしながら、僕は心の中で、こんな闇を抱えていた時期もありました笑

でも、こんな気持ちを持っていると上達が止まります

宗教的な話をしたいんじゃなくて、本当に上達が止まります。傲慢になると視野が狭くなるのかもしれません。

そして何より情けは人の為ならずこの言葉に尽きます。

さらに、他人のドラムの良いところを見つけることで視野が広がりますし、「この人はここが上手いな!」とか「ここを真似してみよう!」とか沢山良いことがみつかります

そのいい部分を本人に伝えてあげれば、切磋琢磨しながら上達できる”大切な仲間”にもなります。

良いところを見つける作業は自分のためになることですしドラム上達の一歩でもあるんですね。

大切なこと④ 猫背にならないように背筋を伸ばす!

僕は人にアドバイスできるほど姿勢はよくありません。もちろん猫背です。

普段の姿勢が悪すぎて、腰痛・肩こり、ひどい時にはヘルニアまでなってしまったぐらいです・・。

でも猫背でドラムを叩くことはありません。それは、姿勢が悪いとドラムとスティックの距離感が毎回変わってしまうからです。

毎回距離感が変わってしまうのは、かなり致命的です。

セッティングをミリ単位でこだわったって意味がありません。

もちろん猫背で上手いドラマーは何人もいますが、その人たちは”自分の型”ができています。

なにはともあれ、まずは”姿勢よく叩く”ことを心がけましょう。あと姿勢つながりで、筋トレも大事だったりします。

また重心を意識して叩くことがとても大切です。

重心は大体おへその真後ろの辺りのことを言いますが、普段椅子に座ってる時でも、ここを意識するだけで背筋がピンッ!と伸びるはずです。

ぜひ試してみてください!

大切なこと⑤「守・破・離」をドラム練習に応用する!

最後に「守・破・離」という言葉を紹介します。

僕が高校生の時に、ドラムの先生から教えてもらった大切な言葉で、僕の人生の格言とも言えるぐらい大切な言葉です。

簡単に説明しますと初めは師匠の言いつけを守り”型”を身につけ、”型”を自分なりに改良・アレンジし、”型”を破っていく。そして師匠の”型”から離れ、自分の”型”を作っていく

ということです。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

  • 守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
  • 破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
  • 離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。 「出展:wikipedia守破離

自己流でドラムの練習をするのは、型を身につけた後であるべきだと思います。

なかなか難しいと思いますが、頭の片隅に入れて置いて欲しい格言です。

初心者ドラマーが脱ビギナーするために大切なこと”まとめ”

ちょっと暑苦しい内容になってしまったかもしれませんが、最後にまとめますと

  1. マメができたら、スティックを使わない練習をする
  2. 褒められたら感謝し、自信を保ち続ける
  3. 他人のドラムを認め、褒める
  4. 姿勢を意識して練習をする
  5. 守破離を意識する

今日からのドラム練習に生かしてみてください!

初心忘るべからず!ですよ。

関連記事

下手でも良いじゃん!ドラムの練習を好きになる5つのヒミツ

ドラム練習の敵!肉刺(マメ・豆・まめ)の正しい対処方法【ドラマー悩み】

【電子ドラムVSアコースティック】メリット・デメリットまとめました!

初心者でもわかる!ドラム譜の読み方を徹底解説

ドラム独学者へ!これだけは忘れないで欲しい3つの練習方法アドバイス

【初心者】ドラムを始めたい方必見!5000円あれば練習できるよ!